月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

新・示談交渉人裏ファイル2 2012.8.13OA

コメント

大賀三根子役・高畑淳子さん

私が演じている大賀三根子はパートの調査員から突然「マル特」のリーダーに抜擢されたおばちゃんです。マル特は難しい事故や保険金詐欺などの厄介な事案の調査を担当する部署です。前回は、異分子でチームをギクシャクさせる存在の彼女がチームに寄り添うことで難しい案件を解決させました。「会社にとっては損になる案件でも、真実を追究する」というのが三根子の信条です。「目先の利益ばかり追うのではなく真っ当に仕事をすれば利はついてくる」と信じる三根子の気持ちがみんなに伝わり、マル特メンバーにチームとしてのまとまりが出てきました。真実をまっさらな気持ちで追究する三根子という役を演じるのは楽しいですね。「心が見えてきた」というセリフがあるのですが、保険調査員でありながら人の心の中の真実を洗い出していくのがこのドラマの面白いところだと思いますし、三根子という主人公の面白いところだと思います。

羽島一平役・加藤シゲアキさん

前回のパート1の撮影から約2年ぶりに集まったのですが、タイムスリップしたみたいな気分になりました。マル特のメンバーはチームワークがよくて、撮影現場のテンポがいいんです。長いシーンの前には自然と集まってセリフや動きの自主練習が始まることもあります。
僕が演じている羽島一平は、マル特に引き抜かれるくらいですからもともとエリートだと思うんです。前回は一平にとってわからないことも多く、戸惑う場面も描かれていましたが、それ以降いくつかの案件をこなしてきたと思うし、今回は少し大人っぽくなっているはずです。以前よりも三根子さんやほかの調査員たちの言葉を“ちゃんと”理解していると思います。
殺人事件が起こるドラマではないので、緊迫感よりは全編を通して和やかな雰囲気があります。それは僕たちマル特メンバーのやり取りだったり、それぞれのキャラクターが持つ「遊び」の部分だったり。そこがこのドラマの面白いところですね。保険の勉強も出来ますから、そういう点も併せて、楽しく見てほしいと思います。


ページの先頭へ