月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

警視庁南平班〜7人の刑事〜5 2012.7.2OA

みどころ

みどころの写真

鳥羽亮原作の本格ミステリー第5弾。南部平蔵班長(村上弘明)を中心に七人の刑事が連続殺人事件の謎を追う。
神楽坂の高級料亭で客が殺された。続いて客と交流のあった木工所副社長も同じ手口で殺害される。現場は密室で残された凶器に指紋は残っていなかった。同一人物の犯行なのか。南部班の七人が捜査を開始する。
次第に二人の被害者が羽振りのいい暮らしをしていたことと、被害者たちが闇カジノを舞台に高額不動産を騙し取る詐欺を働いていた疑いが浮かぶ。土地を騙し取られた人物が復讐を企てたのだろうか…。刑事たちは手がかりを求めて北海道、九州へと急行する。
南部の右腕・高村(鈴木一真)、古参の溝口(火野正平)、紅一点の細谷(伊藤かずえ)ほか多才な刑事がそれぞれの能力を発揮して事件の真相に迫る。彼らを束ねるのが警視庁でも鬼と恐れられる南部だが、極端な虫嫌いと甘いもの好きは相変わらず。南部の硬軟両面を演じる村上のセンスが光る。


ページの先頭へ