月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

北海道警察 巡査の休日 2011.10.24OA

あらすじ

北海道警察が一年で最も忙しくなるイベント「よさこいソーラン祭り」が近づいたある日、大通署生活安全課の小島百合(財前直見)は児童虐待の疑いがあるという通報を受け、部下のサキ(松本莉緒)とともに捜査令状も持たずにその家に乗り込んだ。そして、躾だと言い張る若い親に平手打ちを見舞う。署に戻った百合は、課長の長沼(高田純次)に呼び出された。事なかれ主義の長沼は波風を立てるなと懇願するが、百合は意に介さない。
数日後、道警本部捜査一課の佐伯(鈴木一真)が百合を訪ねてきた。指名手配中の鎌田(村田充)が、神奈川で現金輸送車を襲ったという。鎌田は殺人や村瀬茜(黒川智花)へのストーカー行為などの罪で百合に逮捕されたが、取調べ中に逃走した凶悪犯だ。佐伯は百合への報復を心配するが、当の百合は自分よりも茜の身を案じる。茜は開催を明日に控えた「よさこいソーラン祭り」に出場するダンスチームの一員として、体育館で練習に励んでいるという。
体育館を訪ねた百合は、和江(菊池麻衣子)という女性に声をかけられた。彼女は以前、夫のDVを訴え署に駆け込んできた女性だ。現在は茜が所属するチームの裏方としてがんばっているという。和江の元気そうな姿に百合は安心する。そして茜に鎌田の件を伝えた時、彼女の携帯電話に鎌田から復讐を予告するメールが!
急ぎ捜査本部に駆け込んだ百合は、茜が祭りに参加することを止めさせると話す。しかし、道警本部捜査一課長の堀江(山田純大)は、茜を囮にして鎌田を逮捕する作戦を提案・強行しようとする。この作戦が止められないと悟った百合は、長沼課長に休暇届けを叩きつけ、個人的に茜を守ろうと決意。しかし茜は、作戦を聞いてもなお祭りに参加するという。苦慮した百合は、無理を承知でチームへの参加を直訴する。一日でダンスを覚え、当日はチームの和を乱すことなく踊りながら茜を警護しなければならない。
百合の長い休日が始まった…。


ページの先頭へ