月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45「志賀高原殺人事件」〜黒姫伝説の謎〜 2011.10.10OA

みどころ

みどころの写真

亀井刑事(伊東四朗)が志賀高原で出会った美女が目の前で狙撃され、死亡する。女性は息を引き取る間際、志賀高原に伝わる「黒姫伝説」に由来するお守りを亀井に託す。被害者がお守りに込めた思いとは…。
十津川警部(渡瀬恒彦)と亀井は、東京の会社社長が事件につながっていることを突き止めるが、男はふてぶてしく、取り付く島もない。だが、男が二年前に起きた猟銃の誤射事件にも関わっていたことが分かり、十津川はそれを糸口にして次第に真相に迫る。
「黒姫伝説」とは、戦国時代にさかのぼる悲恋の物語。志賀高原を中心に権勢を誇っていた武将の美しい娘、黒姫に恋をした大蛇は、若者に姿を変えて思いを打ち明ける。だが武将にだまされて、命を落としそうになった若者は、怒って蛇の本性を現し、大嵐を起こす。あちこちで起こる大洪水。黒姫は人々を救うために命を捧げる…というものだ。殺された女性は、黒姫に自分の運命を重ねたのだろうか。
事件解決の決め手に欠ける中、関係者が次々と殺される。挑発的な容疑者を十津川の部下が殴ってしまい、事態は急変する。容疑者の顧問弁護士は告訴をちらつかせながら取り引きを迫り、十津川は窮地に立たされる…。


ページの先頭へ