月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

警視庁南平班〜七人の刑事〜3 2011.5.16OA

みどころ

みどころの写真

 警視庁で鬼と恐れられる南部平蔵とその部下、合わせて七人の刑事の活躍を描くシリーズの第3弾。
 南部の自宅に切断された人の指が届いた。その直後、南部の携帯電話に殺人事件発生の連絡が入る。事件の被害者は浅草の老舗和菓子店の専務で、首を吊られた上、指が切断されていた。南部に届いた指が被害者のものだと判明する。続いて六本木クラブのママが同じ手口で殺され、またもや南部に被害者の指が届く。
 南部は二年前に起きた悲惨な交通事故が事件の鍵を握ると気付く。過去に立ち返り事故の真相を探る南部。必死に捜査を続ける七人の刑事をあざ笑うように、さらに交通事故の関係者が殺害される。真犯人は誰か?南部に指を送る犯人の狙いとは何か?


ページの先頭へ