月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

特別企画 おふくろ先生のゆうばり診療日記 2008.2.25OA

みどころ

みどころの写真

市の財政が破綻したという報道が記憶に新しい北海道の夕張市。
高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が4割を超える状況で、救急車が2台しかないという、夕張市が抱える医療や行政の現状をリアルに捉え、そこで暮らす人々の“心の再生”を人情味豊かに描くドラマ。
撮影は、夕張市全域でロケを実地。夕張市民もエキストラで参加し、2007年に話題になった「成人祭」も再現する。また、炭鉱の最盛期や、夕張新鉱ガス突出事故の映像など、歴史的な背景も盛り込んで行く。
登坂琢磨プロデューサーは「ドラマなので、厳しい“負”の側面だけを強調するわけではない。医療制度に見放されつつある住民たちが、花世にエネルギーを与えられ、その周囲の人たちも巻き込んでたくましくなっていくストーリー。テーマは、人が動けば変われるということ、夕張再生を示すことが出来れば嬉しい」と意気込む。


ページの先頭へ