2018年4月スタート
毎週日曜よる9時〜

日曜劇場『ブラックペアン』

番宣画像

公式SNS

※ 外部サイトへ移動します

追加キャスト情報 New

二宮和也演じる
天才外科医・渡海征司郎──
“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海と
対立・反発・駆け引きをする…
彼を取り囲む強烈なキャラクターたち
竹内涼真 葵わかな
倍賞美津子 小泉孝太郎 内野聖陽

テレビ、映画で活躍中の
豪華共演者が決定!!

竹内涼真 葵わかな 倍賞美津子 小泉孝太郎 内野聖陽

TBSテレビで4月にスタートする日曜劇場『ブラックペアン』(日曜よる9時)。日曜劇場初主演となる二宮和也が、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を演じる。
このたび、渡海と関わる強烈なキャラクターを演じる豪華な共演陣が決定した。
東城大学医学部付属病院の研修医一年目世良雅志せら まさし役には、日曜劇場「陸王」を始めとするドラマや映画で2017年に大躍進を遂げ、今年も大注目されている竹内涼真。常識外れの渡海の言動に翻弄され反発する一方で、自分の非力さを痛感し、医師として成長していく世良を演じる。また、看護師・花房美和はなぶさ みわ役には、現在放送中のNHK連続テレビ小説「わろてんか」で主役を演じている葵わかな。葵は朝ドラ後初めてのドラマ出演となる。花房は手術での器械出しを担当しはじめたばかりの新人。渡海の手術での手技に圧倒され、とっつきにくい渡海を徐々に理解していく。原作には描かれないオリジナルキャラクターとして渡海の母・渡海春江とかい はるえ役に倍賞美津子。外科医としてのプライドから組織や医療業界との闘いに身を投じていく渡海が唯一心を許せるのが、母・春江の存在だ。倍賞と二宮は映画「大奥」(2010年)でも母子を演じており、今回は2度目の共演。渡海の人間らしさが垣間見える母子のシーンに期待がかかる。一方、手術用最新医療器具・スナイプを持ち込み、渡海と対立する新任エリート講師・高階権太たかしな ごんた役を演じるのは小泉孝太郎。東の名門・帝華大学病院出身でマサチューセッツ医科大学に留学していたという華麗な経歴の持ち主である高階は、スナイプを「外科医の腕を全く必要としない」と豪語し、東城大学医学部付属病院や医療業界を巻き込む騒動の火蓋を切る。高階は医療の歴史を変える存在となるか、それとも裏の顔をみせるのか? 二宮演じる渡海との熾烈なやり取りに注目だ。そして、東城大学医学部付属病院総合外科学教室・通称「佐伯外科」のトップに君臨する佐伯清剛さえき せいごう教授を演じるのは、内野聖陽。日本屈指の腕を持つ心臓外科医で、“神の手”を持つ佐伯の手術を受けるために全国から患者が集まる。技術重視の佐伯が手術の際に“ブラックペアン”を使うのにはある理由があり、渡海との因縁やスナイプを強引に推進する高階との軋轢が描かれていく。“神の手”を持つ佐伯は“オペ室の悪魔”の異名をとる渡海の敵か味方か…?
外科医としての矜持、組織に所属するものとしての思惑…それぞれの立場で譲れないものを抱える登場人物たち。そのなかで渡海は、どのように闘っていくのか? 主演の二宮も「スタッフ、出演者ともにこの組み合わせでやれることはもうないと思うので、どういう化学反応が起きるのかとても楽しみです」と期待を込める豪華出演者が揃った。

<コメント>
竹内涼真
実は、医療ドラマに出演したい!と心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとてもうれしく思います。
撮影に向けた準備で、実際に心臓外科医として活躍されている先生の指導やお話に触れたり、手術映像を拝見したのですが、これまで自分が見たことのない新しい世界がそこにはあり、その中にこれから飛び込むんだと思うと気持ちが高まりました。それとともに、命を扱うという重みや責任感が自分の中でも少しずつ大きくなっている気がしています。
僕が演じる世良雅志は研修医です。そのため右も左もわからないところから始まります。まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います。世良の成長も楽しみにしていてください。

葵わかな
お話を読んだ時に、命を扱うお医者さんにも色々な種類があるんだ、と思ったのを覚えています。命や医療を思う人々の、理想や思想がぶつかり合うすごく熱のあるお話だと感じました。こういった独自の世界がある職業の役をやらせて頂くのが初めてなので、とてもワクワクしています。今の自分からは分からないことも多いですが、オペナースを志した花房美和というキャラクターと一緒に、知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう頑張りたいです。
主演の二宮さんをはじめとする皆さんとご一緒させて頂くのもすごく楽しみです。この作品を通して、医療界の模様をドラマチックに感じていただけるよう努めたいです。

小泉孝太郎
このチームとご一緒するのは『下町ロケット』以来なのですが、このチームが持つ熱量あふれる現場にまた戻ってこられてうれしいです。
原作を読んでみて、例えば病院に通院するだけでは見られない、医者の深い部分まで描かれている作品だと感じました。そのような世界を演じられるのは役者としてうれしい限りですし、おそらく医者の人間臭いところなども多々出てくると思うので、そのような人間模様が見どころなのではないでしょうか。
自分も高階という人間の悩みや葛藤を精一杯表現していきますので、是非ご覧いただければと思います。

内野聖陽
台本を読んで、“先進医療技術”VS“外科医の手技”の戦いの話だなと思いました。
人工知能に始まって、自動制御の車やらあらゆるものが人間の力に取って代わろうとするかのような時代に、この作品が投げかけるものは大きいのかなと思います。
もちろん、外科医ものに大事なスリリングさや、天才外科医の過激な物言いが痛快に思えるエンターテインメントとしての楽しさもふんだんにある本だなとも思いました。
佐伯清剛教授は、世界最高の外科医だそうで、神の手をもつ外科医です。
このあり得ないようなスーパーキャラクターをいかに成立させ、観ている方々に納得して楽しんで頂けるか、私自身の挑戦です。主人公の二宮君演ずる天才外科医と緊迫感のある距離感を保って約4カ月を駆け抜けたいと思っております。

プロデューサー・伊與田英徳
竹内さんは、一生懸命で真っ直ぐな研修医の世良雅志にぴったりだと思いお願いしました。つわもの揃いの大人の世界に飛び込んだとき、二宮さん演じる渡海、小泉さん演じる高階、内野さん演じる佐伯とどう渡り合っていくのか、大きな挫折にどう立ち向かっていくのか。一皮剥けた竹内さんのお芝居が楽しみです。
葵さんは現在放送中のNHK連続テレビ小説『わろてんか』での真の強い笑顔が魅力的だなと思っています。フレッシュな目線で医療界の問題にどう対応していくのかも楽しみですが、竹内さん演じる世良との若者同士のお芝居も魅力的だと思います。笑顔の奥に隠された芯の強いお芝居、期待しております。
周囲との軋轢を生む渡海の母・春江には、絶対的な存在力のあるお芝居をされる倍賞さんしか思い浮かびませんでした。倍賞さんとのお芝居で、渡海が“オペ室の悪魔”と呼ばれるようになった訳が垣間見れたらと思います。
そして、天才外科医の渡海と対立し、佐伯外科に赴任する新任エリート講師・高階権太は、小泉さんにお願いしました。医療界の発展を願う一途な思いが、個人プレーの渡海とどう対決していくのか。小泉さんの懐の深いお芝居が楽しみです。
“神の手”を持ち、佐伯外科のトップに君臨する佐伯教授には、内野さんしかいないと思いお願いしました。クランクインした内野さんを拝見して、もう外科医の教授にしか見えませんでした。ダークヒーローを演じる二宮さんとどんなお芝居をされるのか今から楽しみでワクワクしております。
まだ、クランクインしたばかりですが、皆さんのお芝居がどうなっていくのか!? 楽しみにしていてください。最高のドラマをお届けするために、キャスト・スタッフ一丸となって臨んでいきたいと思います。

みどころ

二宮和也、
日曜劇場 初主演!

自身初の外科医役
“オペ室の悪魔”と呼ばれる
ダークヒーローを演じる!
シリーズ累計115万部突破、
海堂尊の原作をドラマ化!

TBSでは4月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』を放送する。二宮が日曜劇場で主演を務めるのは初めて。また、TBSの連続ドラマに出演するのは、2008年10月期放送の金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶりとなる。
原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。彼が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」である。シリーズ累計115万部(※2月1日現在)を突破しており、熱烈なファンを持っている。

二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎とかい せいしろう。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。
そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。
皮肉屋で真意がどこにあるのかつかめない渡海を、二宮がどう演じるのか? 第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始め、数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮。彼の新たな一面が見られる作品となるはずだ。また、二宮は外科医を演じるのは初めて。天才的な手技を持つ役とあって、すでに手術見学などの事前勉強を始めている。

渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ、日曜劇場『ブラックペアン』をお楽しみに。

<コメント>
二宮和也
久々に連続ドラマに出演させていただきます。毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!
初めての外科医役のため、指導の先生に付きっきりで「今、目の前で起こっている事」の説明を伺いながら、先日、心臓の手術を見学させて頂きました。初めて見る世界だったので、緊張しました。渡海征司郎というキャラクターについて、僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います。 日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族揃って過ごすイメージなので、そういう日の最後の締めになれるように頑張りたいです。

プロデューサー・伊與田英徳
原作を手に取ったとき、あっという間にラストまで読み進んだことを、昨日のことのように覚えております。あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと大変光栄に思います。
主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ『赤めだか』でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。
医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いをしっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる“ブラックペアン”の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、是非楽しみにしていていただければと思います。

出演者

渡海 征司郎とかい せいしろう  …  二宮和也
世良 雅志せら まさし  …  竹内涼真
花房 美和はなぶさ みわ  …  葵わかな
渡海 春江とかい はるえ  …  倍賞美津子
高階 権太たかしな ごんた  …  小泉孝太郎
佐伯 清剛さえき せいごう  …  内野聖陽
    ほか

スタッフ

原作:
海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)

脚本:
丑尾健太郎

プロデューサー:
伊與田英徳
川嶋龍太郎
峠田 浩

演出:
福澤克雄
田中健太
渡瀬暁彦

製作:
TBS

ページトップへ