瀬戸内海ロケ日記

イメージ

082014年12月5日(金)

瀬戸内海日記も残すところ、わずかとなってまいりました。

今回も前回の島ロケと今回の秋ロケの思い出を混ぜてお届けします。

前半戦、皆さんが心に残ったシーンはどこですか?
お祭り?堤防?学校?シャーペンのシーンや前回紹介したさざなみの火事。
いろんな山場や印象深いシーンがありましたが、忘れられないのが3話のフェリーのシーンです。

島を出る成瀬と、追いかける希美。二人が声を張り上げて、互いにエールを送るシーンは印象的でした。

イメージ

あのフェリーの撮影は、しまなみ海道の因島で行われました。フェリーを1日チャーターし、こちらの撮影の都合で前進後退を繰り返していただいて、絶妙なタイミングと距離感で別れた希美と成瀬。
あの撮影をしたのはもう2ヵ月半も前のこと。暑くて、お昼ご飯はフェリーの上で、サラダうどんを食べた記憶があります。ん?冷やし中華だったかな。

そして、前回放送の七話でも、フェリーが登場しました。同じく、因島で撮影したフェリーロケ。

イメージ

季節の移り変わりも感じましたが、希美や成瀬の成長(?)といいますか、時代経過も感じましたね。同じ年齢の役者さんが演じられているのに、10代の高校生から、大学生を経て、30代の現代まで。本当にすごいです。
ツイッターでも載せましたが、ほぼ同ポジでパシャリ。

イメージ
イメージ

来週放送の9話にもフェリーの港がたっぷり出てきます。あの事件の秘密が、ついに明らかになる、男同士の腹を割った話。ご期待ください。

そして、今週8話の見どころですが、ちょっと島から離れまして、2つのヒカリについて。

まずは、イルミネーションの綺麗な夜のシーン。12月に突入し、東京のあちこちで綺麗なイルミネーションが見られるようになりました。
コレを飾ろうと思うと大変!飾らずとも、ロマンティックなナイトシーンが撮れるのは、冬ドラマの役得です。誰と誰のどんなシーンになっているかは、本日の8話をお楽しみに。

イメージ

そして、もう一つのヒカリは“炎”西崎さんの過去が、今晩ついに明らかに?西崎さんがどうしてあんなに火を怖がるのか。重要なシーンが放送されます。そのシーンのために、真夜中の倉庫で、ファイヤーロケを行いました。役者さんのいない倉庫で、ひたすら燃える燃えるものを撮る!それが、活かされて迫力のある火事のシーンになっております。
メラメラドキドキしてください。

以上、今週のロケ日記でした。次回はとうとう最終回前。 書きたいことを出し惜しみしないよう書いていきます!

イメージ

PAGE TOP