原作紹介

原作『逃げるは恥だが役に立つ』

第39回講談社漫画賞 少女部門受賞!!
『逃げるは恥だが役に立つ』
著:海野つなみ
(講談社「Kiss」にて連載中!)

派遣切りにあって再就職もままならないみくりは、娘を心配する父親に、会社の部下・津崎さんのハウスキーパーを頼まれる。
そしてある日、津崎さんから思いがけない提案が !?
海野氏の久々オリジナル連載にして、話題の “逃げ恥” 大好評連載中!

最新刊第8巻、10月13日発売決定!!
定価 : 本体429円(税別)

あらすじ

森山みくり (26歳・最近誕生日を迎えました!)、彼氏なし。院卒だけど内定ゼロ。派遣社員になるも派遣切り。
見かねた父親のはからいで、父親の元部下で独身の会社員・津崎さんの家事代行として働き始めた。
良好な関係を築くも、みくりの実家の都合で辞めなくてはならないことに。
そこで、現状を維持したいふたりが出した結論は、就職としての結婚 (契約結婚) だった。

原作・海野つなみさん コメント

まだドラマ化も決まってない初期のころから、友だちと勝手に妄想キャスティングで 「みくりちゃんは新垣結衣ちゃんとかどう?」「いや?ガッキーがやってくれるなら百点でしょ!」 とのんきに言っていたので、本当に新垣結衣さんでドラマ化と聞いたときはとてもうれしかったです。
しかも、私の大好きな作品を作って来られたスタッフさんで、もう楽しみしかありません。
TBS 火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、 略して 「逃げ恥」、皆様どうぞよろしくお願いします。

このページの先頭へ