2012年10月21日スタート日曜よる9時放送


インタビュー

香取慎吾さん×山下智久さん・スペシャルインタビュー[vol.02]

香取
『 MONSTERS 』 の世界観はどうですか?僕は、ミステリー・刑事ドラマ・推理って 「 超、楽しそう!」 という印象でクランクインしたんだけど、始まってみたら超大変だった。ミステリードラマって見てて面白いじゃん。でも、撮影はこんなに大変なんだって。
山下
大変ですよね。
香取
イチ視聴者として、「 あなたが犯人ですね 」 って推理を披露するシーンはゾクゾクしながら見ていたんだけど、それを実際にやるとなったら超大変。「 楽しそう〜 」 で始まったはずなのに、こんな苦労があるんだと。山Pはどう?
山下
僕は、香取さんセリフ量にドン引きしています。
香取
(大笑い)
山下
あんな長セリフ、初めて見ました。あと、会話形式だと覚えやすかったりするんですけど、推理は説明ですし、数字や専門用語も入ってきますよね。僕自身のセリフですら 「 覚えづらいな 」 と思っているのに、その何十倍ものセリフ量を香取さんが覚えていることが驚きです。その印象が強すぎて、「 『 MONSTERS 』 どうですか? 」 と聞かれると、「 セリフ量がハンパない!」 と答えてしまいます。
香取
そうだよねぇ〜 (ため息)。
山下
あとは、香取さんもおっしゃっていましたが、見て楽しいものは作るのが大変なんだなと。
香取
そうだよね。でも、大変なところもあるけど、1シーンごとに完成していくと、でき上がった作品をの早く見たいって思うよね。
山下
早く見たいですね。
香取
山下から見て、平塚平八の印象は?
山下
平塚さんは正直… ま、もちろん警察っていう “善” の立場で働いているんですけれど、この人は本当に善人なのだろうか?と思わせる役というか…。犯人を捕まえるという意味では善人なんだけど、考えていることは悪人的というか。何を考えているのか分からないですね。
香取
僕はね、この場では言えないくらいのことを考えながら演じていますよ。
山下
え〜!
香取
きっと、僕が頭の中で考えていることが、平塚平八が考えていることなんじゃないかと思って。犯人を追い詰めて、ドキドキワクワクしているときとか。
山下
犯人に対して、全く同情がないですよね。
香取
そうそう。演じていると、そこを間違えそうになる時がある。後半あたりから犯人に対して同情しそうになるんだよね。
山下
そうですね。
香取
でも、平塚には同情はない。事件を楽しんでいる。だから、ゲストのみなさんは平塚平八と絡みづらいだろうなと。平八からすると全員が容疑者候補なんですよ。だから、普通なら 「 この人怪しいな 」 って思っていたとしても、「 はい。そうなんですか 」 って話を聞くじゃん。でも平塚は、「 は? 」 「 で? 」 みたいな感じで、ニヤニヤしたり、無視したりするでしょ。そんなとき、相手の役者さんがイラっとしているのを感じて、「 相手の役者さんはやりにくいんだろうな 」 「 自分だったらやりにくいな 」 って思うんです。それは平塚を演じる上では成功なのかもしれないけど、にくったらしい奴だなと思います。
山下
確かに!ほんと、何考えているかわかんない人ですよね。
香取
平塚が西園寺に 「 私たちは最強のコンビです 」 というじゃない。山下がコンビを組むとしたら誰がいい?
山下
コンビですか…。
香取
この人とコンビを組んで○○したいな… とかある?
山下
そうですね…。ドラマで香取さんとコンビを組ませていただいていますが、音楽での香取さんとのコンビも楽しみです。
香取
そうだよね、まさかユニットを組むとはね!
山下
はい。
香取
The MONSTERS!
山下
夢にも思ってなかったことが起きて…
香取
シングルカットです!
山下
(笑)
香取
これはね、ドラマが終わっても続けたいんだよね〜。
山下
僕も続けたいです。
香取
ドラマの間だけじゃなくてね。
山下
はい。
香取
この話をね、しておこうと思ったんだよ。次の曲も勝手に作って、ドラマの主題歌じゃなくてもいいから、「 また作ったんですけど 」 って何らかの形で発表したいなと。どう?
山下
ぜひ、お願いします。