banner_AD

インタビュー

日曜劇場「流星ワゴン」:最終回 2015年3月22日 日曜よる9時〜放送
出演されることになったときの感想を聞かせてください。
素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんが集結したこの作品に参加できることを大変嬉しく思いました。重松清さんの作品に出演するのは実は2回目なんですが、今回も重松さんらしい、胸が熱くなる父子の素敵な物語だと思いました。
美代子という女性はこれまでの井川さんのイメージとはやや違う役だと思うのですが…

美代子という人には心の闇が多く、寂しい女性です。また多くは語られていない分、そこに気持ちを寄せていくのがむずかしいですが、今までにない役を演じるのは私にとって新たな挑戦になると思っています。
美代子と一雄という夫婦についてはどうお考えですか?

お互いの関係性の認識の違いに、美代子は悩んでいるように思います。妻のために苦労は掛けまいとする夫は、なんでもことを進めてしまう。善かれとしたことがかえって無言の否定をされているような思いに、美代子は長年陥ってしまっているのかもしれません。自分の存在意義や張り合いを感じない淋しさが、美代子の闇の部分なのではないかと想像しています。
もっとお互いに愚痴がこぼせたり、緩みがあれば幸せなのかもしれないですね。理想を追うがあまり、大事なことを何処かに置いてきてしまった…それにお互いが気付けば、やり直すこともひょっとしたら出来るのかもしれませんね。
忠さんと一雄、その息子と三世代の父子の物語ですが、女性とは違うな、と思われることはありますか?
家を守る母と、それを見て育つ娘とは距離が近く、まして娘が母親になったとき、その存在はより有り難く思えるものだと思います。
それに対して、社会で生きる父親の思いは子どもには伝わりにくいものだと思います。同じ男として理想だけを押し付けられては反発を覚え…長年抱えてきたものと対峙するとき、肉親だからこそお互いを傷つけあってしまうのかもしれませんね。
出演者の皆さんとの撮影はいかがですか?

西島さんと久しぶりにお会いして、俳優としてとても静かな闘志のようなものを感じました。持っていらっしゃるものが何色なんだろうと想像を掻き立てられます。こんなに向き合うお芝居をするのは初めてなんですが、一雄と美代子の心が離れていった経過をなぞる…ツライですね。
クールな役柄を演じられる事の多い西島さんが、今回はこれだけ心をさらけ出して怒りや弱さを全面にぶつけている。その姿が新鮮に映りました。相入れなかった父親と対峙するとき、やはりいくつになっても親の前では子供でしかない、という姿に心打たれます。
役を離れた私は母の気持ちで見守ってしまいます。
忠さんとのシーンは美代子も広樹も楽しいと思います。笑いを堪えるのが大変なときもしょっちゅうです。手荒なところはありますが、忠さんの前だと心が動く、弱さを見せられる。そんな忠さんの器の大きさは、香川さんそのものだと思います。撮影ではすべてを受け止めて下さる安心感と、ひとつも溢さないという気迫とを常に感じています。
このワゴンを運転するのが吉岡さんと聞いてなるほど!と唸ってしまいました。「地に足をつけて、人間臭く…幽霊ですが」とコメントされていましたが、吉岡さんだからこそ適うことだと、つくづく思います。美代子も乗せてほしいぐらいです(笑)
ご覧の皆さんにメッセージをお願いします。
絶望を乗り越え、努力する一雄の姿に力をもらう物語だと思います。
人生はそんなに甘くない、それでもなんとかして生きてゆく…近すぎて見えない、大切な人とのつながりを改めて見つめる時間になって頂けたら、と思っています。

公式SNS
▲ ※クリックするとTBS以外のサイトに移動します ▲
関連リンク
オンデマンド:配信は終了しました
ishop
スマートフォン
ワンセグ
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.