じょんのび日本遺産

2021年1月24日(日)

宮城の旅

旅のはじまりは松島。訪ねたその日は雪が積もり、まずは普段なかなか見ることができない雪化粧の景色を堪能。続いては伊達政宗が全国から職人を呼び寄せ、再建したという五大堂を訪ね、旬を迎えた牡蠣を堪能。伊達政宗の2つの菩提寺、松島では瑞巌寺を、そして仙台に移動して瑞鳳殿を参詣、豪華絢爛な世界に浸る。
さらに、政宗が好んだという料亭料理を味わい、仙台ならではの粋なだるま「松川だるま」を作る工房へ。伊達な文化に影響を受けた松川だるまは赤だけでなく群青色や金粉を施し、色彩豊かなだるまとなっている。稲村さんは松川だるまの絵付けを体験し、だるまに願いを込める。そして旅の最後、仙台の冬の風物詩となるせり鍋をいただく。
伊達政宗が生んだ粋で伊達な文化を楽しむじょんのび旅。

旅人:稲村亜美
ナレーター:斉藤由貴

ページトップへ戻る



関連リンク