これまでの『石子と羽男』

Character

  • 有村 架純

    石田 硝子いしだ しょうこ (28)
    有村 架純

    東大卒のパラリーガル。東大法学部を首席で卒業したものの司法試験に4回落ち、試験を受けることを諦め、父親が営むマチベン「潮法律事務所」に勤めている。少しの無駄も許さない倹約家。

  • 中村 倫也

    羽根岡 佳男はねおか よしお (34)
    中村 倫也

    高卒の弁護士。写真のように見たモノを記憶する「フォトグラフィックメモリー」の持ち主で、そのおかげで司法試験も一発合格。「型破りな天才弁護士」に憧れている。

  • 赤楚 衛二

    大庭 蒼生おおば あお (26)
    赤楚 衛二

    石子の高校時代の後輩。潮法律事務所に依頼に来たことを機に、問題のあった会社を退職。再就職先が見つかるまで、潮法律事務所で働くことに。

  • おいでやす小田

    塩崎 啓介しおざき けいすけ (40)
    おいでやす小田

    父親が営む「そば処 塩崎」で働いている。独身で、石子に一目惚れし何度もアプローチしているがまったく気づいてもらえない。

  • さだまさし

    潮 綿郎うしお わたろう (65)
    さだまさし

    弁護士で潮法律事務所の所長。石子の父。お⾦にならないトラブルを格安で請け負っているため、事務所の経営はいつも⾚字状態。

  • イッセー尾形

    羽根岡 泰助はねおか たいすけ (64)
    イッセー尾形

    羽男の父親、裁判官。羽根岡家の中心的な存在で、独特のオーラを放つ人物。愛する家族はみな優秀と信じて疑わず、その家族が毎年自分の誕生日を祝ってくれることに幸せを感じている。

  • MEGUMI

    羽根岡 優乃はねおか ゆうの (40)
    MEGUMI

    羽男の姉、検事。正義感が強く周囲から頼られ人あたりもいい。 東京地検の若手エースとして期待されている。

4

深夜の潮法律事務所に弁護の依頼が舞い込む。 「所長!どうされました」
「実はたった今弁護の依頼が入ったんだよ」
以前、綿郎が依頼を請けた堂前家の長女、絵実からの連絡だった。 「一奈さんは夜12時半頃、アルバイト先から電動キックボードを運転して帰っていた」
「路上駐車していた車を避けて進んだ時 陰から男性が飛び出し衝突してしまう」
「男性に駆け寄り 「怪我は無いですか? 警察と救急車を呼びます」 と声を掛けたが
「怪我は無い 何もしなくていい」 と告げ去ったため、連絡先の交換もできず帰宅した」
被疑者の姉 堂前 絵実 「妹はそう言っていました でも昨日、やっぱり心配になったあの子が警察へ相談に行ったら…」
「相手が意識を失ってるってことを告げられて緊急逮捕された、ってことね…」 途方に暮れる絵実たち
警察にひき逃げ事件として逮捕されてしまった一奈。 「警察は事故後あなたが何もせずに立ち去ったんじゃないかと考えているようです その場合は、いわゆるひき逃げ…」
キックボードひき逃げ犯? 堂前 一奈 「ひき逃げなんてやってない!」
事案04 救護義務違反
「すぐに駆け寄った」と聞いた石子と羽男は示談の可能性を探るが… 「夫はキックボードにはねられ、運転手が自分を置いて逃げたと言ってました」
ひき逃げ?の被害者 新庄 隆信 「嘘をつき続けるなら厳罰を望む気持ちしか湧いてきませんね」
「示談切り出そうと思ってたのに…」 「佳男?」
「何で病院に…どっか悪いの?」 「あんたと一緒よ」
「キックボードの案件、担当変わってアタシやることになったの」 東京地検の若手エースで羽男の姉 羽根岡 優乃
驚愕する羽男 「…は!?」
「被害者は示談する気が一切ないって聞いてるよね」 「法廷でやりあおう」
つづきは本編で!

Twitter

※ 外部サイトへ移動します

Instagram

※ 外部サイトへ移動します

SNS

Twitter Instagram

シェアする

  • Twitter
  • LINE
  • LINE
page top

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク