次回予告

202137日放送

キンデルダイクの風車網 〜 300年つづく!風車の絶景

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

放送内容

運河沿いに19基の風車が立ち並ぶキンデルダイク。国土の1/4が海抜0m以下というオランダではかつては大量の風車が見られたが、こんなに数多く残るのは今ではキンデルダイクだけになった。ラインの支流に囲まれた湿地は10世紀ごろから干拓が始まり排水ための風車も導入された。国の花チューリップの栽培も風車が干拓に一役買ったからこそ広まった。風車はずっと風車守りと呼ばれる番人が住み管理している。

担当ディレクター

柳沢裕美子

オランダといえば「風車」「チューリップ」「チーズ」を思い浮かべますが、今回のキンデルダイクではそれらすべてが見られます。密接に関係しているのだと改めて勉強になりました。風が何よりも重要となる風車の撮影。運も大事です。

写真:担当ディレクター

ディレクターによる取材の裏話や次回の見どころも発信中! SNSはこちら
※外部サイトに移動します

BACK TO PAGETOP