EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第461回2005年09月04日
ラウマ旧市街(フィンランド)
遺産名:
ラウマ旧市街
Old Rauma
所在地:フィンランド(Finland)
分 類:C(iv)C(v)
登録年:1991
放送日:2005年09月04日
放送回:第461回
ラウマ旧市街
previous on air
  next on air
onair access slide


ラウマは、バルト海に面したフィンランドの古い港町である。その旧市街には、木造の家屋や店舗が500件以上軒を並べている。かつてはフィンランドのどの町でも木造の建物が主流だったが、これほどまとまった軒数が残っているのはもはや珍しい。
photo

「マレラハウス」と名づけられている、かつての船主の家。海上交易でラウマが潤った時代の栄華を今に残している。この建物も木造であり、何回かの改築を経て今に残されているものだが、邸内の華やかなつくりは19世紀に沸き起こった改築ブームの結果である。
photo

ラウマの家が、木材を積み上げるログハウスであることがわかる部分。昔は家といえば自分で建てるのが常識であった。ラウマではこの木造の家々を後世に残すために、専門の大工が家の修繕の指導を行っている。
photo

「木造の家は、呼吸をする家である」と語るのは、ラウマの木造住宅に魅せられて数年前に移住した建築家のティモさん。木材と木材の間に干草を挟み込んだり、壁紙を重ね貼りすることで、ラウマの木造の家は高い保温機能をもち、寒さ厳しい冬でも暖かい。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.