EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第400回2004年05月23日
モン・サン・ミシェルとその湾(フランス)
遺産名:
モン・サン・ミシェルとその湾
Mont-Saint-Michel and its Bay
所在地:フランス(France)
分 類:C(i)C(iii)C(vi)
登録年:1979
放送日:2004年05月23日
放送回:第400回
モン・サン・ミシェルとその湾
previous on air
  next on air
onair access slide


ヨーロッパで最も干満の差の激しい湾にあって、時に海に浮かび、時に干潟に聳える岩山は、古来土着信仰の聖地だった。8世紀に大天使ミカエルを祀る小さな礼拝堂が建てられてから、岩山はキリスト教の祈りの場として知られるようになった。
photo

聖ミカエルの山=モン・サン・ミシェル。岩山の頂は、聖堂や回廊、広間などがひしめく「天空の神の国」。不安定な斜面の上に、地形に合わせた建物の増築を重ねて築き上げられた巨大な修道院建築は、“人類の叡智の結晶”と讃えられる。
photo

中世を代表する巡礼地であった海の修道院は、18世紀、フランス革命の嵐の中で閉鎖され、一時は監獄として使われた。ここで再びミサが行われるようになったのは、1965年のことだった。
photo

海に浮かぶ修道院の美しいシルエットに胸打たれた中世の人々は、“奇蹟”を信じ、ここに惜しみない祈りを捧げた。モン・サン・ミシェルは、自然環境を背景に信仰・芸術・建築技術が融合して生まれた、唯一無二の傑作である。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.