EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第335回2003年01月19日
クレムリンと赤の広場、モスクワII(ロシア)
遺産名:
クレムリンと赤の広場、モスクワII
Kremlin and Red Square, Moscow
所在地:ロシア(Russian Federation)
分 類:C(i)C(ii)C(iv)C(vi)
登録年:1990
放送日:2003年01月19日
放送回:第335回
クレムリンと赤の広場、モスクワII
previous on air
  next on air
onair access slide


かつて皇帝が住まいとした宮殿は、19世紀にナポレオンの襲撃で焼け落ちてしまった。しかし、残った宮殿群をのみ込むように、更に大きな「大クレムリン宮殿」が再建された。
photo

その中は現在も、大統領府と並ぶクレムリン最大の“聖域”。壮麗な殿内は国家元首や要人を迎える外交の舞台として使用され、一般の人々がたち入ることは許されていない。
photo

「グラナヴィタヤの間」。焼失を免れ大クレムリン宮殿内に組み込まれたこの広間は、かつては皇帝が外国使節等に謁見する場。現在は大統領主催の晩餐会の会場となる。
photo

赤の広場にあるレーニン廟には、防腐処理の施された革命の父の遺体が眠る。20世紀、クレムリンはまさに世界を二分する体制のシンボルであった。そしてソ連崩壊後の今もなお、ロシア連邦政府の中枢として歴史の鼓動を刻み続ける“現役の遺産”なのである。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.