EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第334回2003年01月12日
クレムリンと赤の広場、モスクワI(ロシア)
遺産名:
クレムリンと赤の広場、モスクワI
Kremlin and Red Square, Moscow
所在地:ロシア(Russian Federation)
分 類:C(i)C(ii)C(iv)C(vi)
登録年:1990
放送日:2003年01月12日
放送回:第334回
クレムリンと赤の広場、モスクワI
previous on air
  next on air
onair access slide


「クレムリン」とは、ロシア語で「城」を意味する。しかしその言葉はいつしか、ロシア全土を支配する皇帝の居城であり、ロシア正教会の総本山も置かれたこのモスクワの城の代名詞となっていった。
photo

帝政ロシア時代の政治・宗教の中心であったクレムリンは、現在も大統領府を擁するロシアの中枢として機能している。城壁の中に残る宮殿や聖堂には、800年を超えるこの城の歴史の、光と影とが宿っている。
photo

ビザンツ帝国の崩壊後、「第三のローマ」としてキリスト教信仰の中心たらんとしたモスクワ。皇帝たちはクレムリンに多くの聖堂を築いたが、中でも皇帝の戴冠式が行われた最大の聖堂が、ウスペンスキー大聖堂。その内部は、無数の聖像画が織りなす荘厳な美の世界。
photo

この黄金の冠を戴く者は、地上の最高にして絶対の統治者だった。皇帝が戴冠式で用いた「モノマフ帽」。他にも、クレムリンには皇帝たちの宝が多く収蔵されている。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.