EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第284回2002年01月20日
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路I(フランス)
遺産名:
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路I
Routes of Santiago de Compostela in France
所在地:フランス(France)
分 類:C(ii)C(iv)C(vi)
登録年:1998
放送日:2002年01月20日
放送回:第284回
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路I
previous on air
  next on air
onair access slide


フランス、ルピュイ。西の果ての聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼はここからはじまる。1500kmに及ぶ巡礼を最初に実行したのはこの街の司教だった。およそ1000年前、聖ヤコブに祈りを捧げ、ルピュイに戻った司教はひときわ高い岩の頂に礼拝堂を建設。人々に巡礼を薦めるようになった。
photo

ルピュイ、ノートルダム大聖堂。多くの巡礼者たちを惹きつけてきたものがある。黒いマリア像。なぜ黒いマリアなのか?その由来は謎に包まれたままである。ペストが大流行した13世紀、ヨーロッパ中の人々がこの黒いマリアに救いを求めた。
photo

ルピュイからおよそ120km。オーブラック高原。1年を通して深い霧に包まれている。巡礼者たちにとって難所である。深い霧が道を覆い、そして町を隠す。巡礼者は目印を失い、心細さにおののく。かつては霧が発生したとき、教会で鐘を鳴らし、巡礼者たちはその音を頼りに歩いたという。
photo

出発点からおよそ200km。巡礼者たちが9日目に立ち寄る街、コンク。ここも聖地として栄えた。紀元300年頃、ローマ軍に侵入によりキリスト教が禁止された。ある少女は抵抗しそのため、火あぶりの刑にされる。そのとき天使が舞い降り火を消したという。伝説の舞台、コンクの教会で巡礼者たちは、神父から励ましのことばをもらい、そしてパイプオルガンの音色を聞きながら疲れを癒す。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.