EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第285回2002年01月27日
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路II(フランス)
遺産名:
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路II
Routes of Santiago de Compostela in France
所在地:フランス(France)
分 類:C(ii)C(iv)C(vi)
登録年:1998
放送日:2002年01月27日
放送回:第285回
サンティアゴ・デ・コンポステーラへのフランスの巡礼路II
previous on air
  next on air
onair access slide


西の果ての聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼は1500kmに及ぶ。巡礼の起点、ルピュイから320kmの商業都市カオール。13世紀に繁栄を極めた街は、長旅で疲れた巡礼者たちの体と心を癒した。ここには14世紀に建てられたゴシック式アーチが美しい橋ヴァラントレ橋など歴史的建物が点在する。
photo

サンブレーズ教会、12世紀に建てられた。聖ブレーズは病を治す力を持っていた。蝋燭で作った十字架を患者の喉にあてあらゆる病を治癒していたという。窓を覆う石の格子は、フランスでは非常に珍しく、これはスペイン建築の特徴である。見たこともなかった建築様式に出会った時、巡礼者たちは西の果ての聖地に近づいていると実感する。
photo

ピレネー山脈、ルルド。1858年一人の少女がマリアを見たということからはじまる奇跡を信じて世界中から巡礼者や観光客がここを訪れる。夜9時から行われる行進には、2万人が参加する。
photo

巡礼路最大の難所、ピレネー山脈越え。かつては狼が出現していた。夏でも雪が残る険しい道…霧や吹雪で道を失い何千という巡礼者がこの山に命を落とした。この最大の難所を越えるとスペイン、そして聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで800km。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.