島田秀平のここだけ手相話!

はじめまして!
はやドキ!水曜レギュラーの“手相芸人”島田秀平です!
これから、たびたびこの「はやドキ!」のホームページで
番組に入りきらなかった裏話や、誰もが関心のあるテーマに沿って手相という側面から、色々お話をさせていただきますので宜しくお願いします!

2月にある節分は厄を祓う行事。
そこで、皆さんに待ち受けるかもしれない厄を現す、要注意のサインをご紹介します。

イメージ

【島】
手相の線の中に丸が入ることがあり、これは島と呼ばれています。
手相の線を川とすると、川に流れている水が運を現します。
川の流れは綺麗な方が良いため、島によって分断されることはあまり良くないこと。
そのため、島はトラブルを現すものと手相では言われています。

○結婚線に島
結婚生活におけるトラブルを暗示する。別名:不倫線
パートナーに対して、いつも以上に思いやりを持つなど、
恋愛沙汰のトラブルが起きないよう誠実に過ごしましょう。

○金運線に島
金銭に関するトラブルを暗示する。
これがあるときは大きな買い物、お金の貸し借り、
ギャンブルや投資などは控えた方が良いかもしれません

○旅行線に島
旅行や出張などでの思わぬトラブルを暗示する。
しっかり予定を立て、準備をしていくことで予防できるかも。

【とばっちり線】
これがある人は自分は悪くないのに、トラブルに巻き込まれるかもしれません。
急なトラブルに対して心の準備をしておくと良いでしょう。

手相は変わるものです。重要なのは悪いことが起きたときにどうするのかということ。
日頃の準備や心構えが大切です。備えあれば憂い無し!
節分など魔を払う行事に参加してみるのも良いかもしれませんね。

*開運テクニック*
2月に入りましたが、皆さん初詣は済ませましたか?
厄払いなど、自分を守って欲しいと思ったときは「氏神さま」のいる「氏神神社」にお参りに行きましょう。氏神神社は「住んでいる場所に一番近い神社」と思われがちですが、実は住所で管轄が決まっているため神社庁のHPなどで調べてみましょう。
普段から一番近くで自分を見守ってくれている氏神さま。
お参りにいくことで力になってくれるかもしれません。
仕事運をあげたいときは会社の土地の氏神さまに、受験があるときは受ける学校の土地の氏神さまにお参りにいくことでその土地の力を借りられるかもしれませんよ。

Twitter

PAGE TOP