日曜劇場『ブラックペアン シーズン2』

はじめに about

日曜劇場 『ブラックペアン』 (2018年)
待望の続編が放送決定!

主演 二宮和也

世界的天才外科医・天城雪彦を演じる!
帰ってきたのは“渡海”ではなく
人も金をももてあそぶ悪魔だった!

さらに、竹内涼真葵わかな
小泉孝太郎内野聖陽の出演が決定
“チームブラックペアン”が日曜劇場で再始動!

前作の興奮とスケールを凌ぐ
メディカルエンターテインメントが再び始まる!

写真

TBSでは、7月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、二宮和也主演の『ブラックペアン シーズン2』を放送する。2018年4月期に二宮主演で放送された日曜劇場『ブラックペアン』の待望の続編で、6年ぶりに日曜劇場に帰還。シーズン2はシーズン1から6年後の物語をお届けする。

原作は、海堂尊の小説「ブレイズメス1990」「スリジエセンター1991」(講談社文庫)。日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。“バブル3部作”と呼ばれる「ブラックペアン」シリーズ「ブラックペアン1988」「ブレイズメス1990」「スリジエセンター1991」は累計発行部数160万部を突破しており、ファンから熱烈な支持を受けている。

二宮が演じるのは、人も金をももてあそぶ悪魔な世界的天才外科医・天城雪彦!

『ブラックペアン』シーズン1では、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎を演じ、見事な手捌きやダークヒーローぶりでその演技力を絶賛された二宮。このたび、二宮の演じる役柄が発表となった。

今作で二宮が演じるのは、人も金をももてあそぶ悪魔な世界的天才外科医・天城雪彦(あまぎ・ゆきひこ)。オーストラリア・ゴールドコーストのハートセンターに長年勤めており、手術の技術は天才的で、心臓冠動脈バイパス術の世界的大家。ダイレクト・アナストモーシスという手技ができる唯一の医師であり、敵対する医師をも魅了していく人物だ。一方で、天城の手術を受けるにはシャンス・サンプル(二者択一)の運試しに勝つしかなく、掛け金としてその人の財産の半分までも要求するため、医師の間では“ディアブル(悪魔)”と呼ばれている。さらに6年前に東城大学医学部付属病院にいた渡海と瓜二つの出で立ちであるが・・・。

続編でありながら、新たな役“天城雪彦”を演じる二宮。渡海よりも金の亡者な天城をどう演じるのか期待が高まる。

馴染みのメンバーが再集結! “チームブラックペアン”再始動!!

さらに、『ブラックペアン』シーズン1に出演していた馴染みのメンバーが再集結! 世良雅志(せら・まさし)役の竹内涼真、花房美和(はなぶさ・みわ)役の葵わかな、高階権太(たかしな・ごんた)役の小泉孝太郎、佐伯清剛(さえき・せいごう)役の内野聖陽の続投が決定した。

シーズン1では研修医であり、渡海の助手として奔走した世良。シーズン2では、様々な場所で経験を積み、東城大へ心臓血管外科医として戻ってきた。渡海を目指し、さらなる高みを目指し続けている。そんな成長した世良の前に、渡海と瓜二つの天城が現れる・・・。

新人看護師だった美和も、手術室看護師として成長を遂げている。新人の頃から助け合っていた世良とは親しいながらも関係性の変化はないようだが・・・。

手術用医療機器「スナイプ」を導入するなど、最先端医療を持ち込むことで渡海と対立関係にあった高階。東城大に来て6年。「スナイプ」の症例を増やし、自分独自のやり方で上を目指し続けている。

世界的に有名な佐伯式手術の生みの親である佐伯。6年経ち、東城大の病院長に就任したが、変わらず執刀医としてオペも行っている。日本の研究医療の頂点である日本医学会の会長の座を狙っており、心臓外科に特化した東城大の専門病院の開設を計画。天城を東城大に呼び寄せて・・・。

渡海が東城大を去って6年。一人前の外科医として歩み始めた世良、病院長になり新たな計画を目論む佐伯、そして世界的天才外科医の天城がもたらすのは、吉か凶か。それぞれが持つ医療という名の欲望がうごめいていく。

前作の興奮とスケールを凌ぐ、「医療と金」そして「医療革命」を巡るメディカルエンターテインメントが再び始まる!

放送前コメント

主演・二宮和也さん

――6年ぶりに『ブラックペアン』が戻ってきます。
昨年の夏頃にお話があり、「同じキャストが集まれるなら」という話をしていました。出演者がまるっきり変わってしまう続編だと、前作を楽しんでくれた人が楽しめなくなると思いましたし、僕もさすがに誰もいないと寂しいので。その後すぐに制作が決まって、ふたを開けてみたらみんなは同じ役なのに僕だけ違う役っていう(笑)。なので、続編ですが新鮮さがすごくありますね。シーズン2の追加キャストという気分で皆さんのことを見ています(笑)。ですがそういう中で作品としての統一感は必要なので、話し合いながら進めています。
――続編でありながら前回と違う役 “天城雪彦”を演じられますが、役柄について教えてください。
前作の渡海先生とは違い、もう少しライトというかポップな感じになっていくのかなと思います。髪の毛の色もそうですしね。シーズン2から登場するキャラクターなので、もはや僕はシーズン2から出る人みたいなものです(笑)。
――原作を含め『ブラックペアン』シリーズの魅力とは?
僕にとっての一番の魅力は、原作者の海堂尊先生がすごく優しいところ。作品もすばらしいですが、先生のお人柄が僕はとても好きですね。だからずっと続けていけるし、先生がドラマをご覧になったときに楽しんでもらえる作品にしたいなと思っています。
――前回の出演メンバーも再集結しました。久々に集まられていかがですか?
ほとんどの方がこの6年の間に別の現場や食事などでもご一緒していますし、お互いに何をしてきたかもわかっています。そういう中でこうして続編でまた集まれるというのはうれしいですね。撮影自体は緊張感があってハードですが、現場でオフのときは楽しくいたいとみんな思っていると思うので、今回も仲良く過ごせると思います。
――視聴者にメッセージをお願いします。
6年ぶりに『ブラックペアン』がシーズン2として戻ってきます。前作を超えるようなハラハラ・ドキドキもそうですが、前作から続いているストーリーもありますので、前作を見た方もそうでない方も楽しんでいただけると思っています。今はU-NEXTでも前作が配信されているので、ご覧いただくと登場人物の成長などもわかり、『ブラックペアン』シリーズの世界をより濃く楽しめると思います。お時間のあるときに、併せてご覧いただけるとうれしいです!

竹内涼真さん

6年の歳月を経て、このチームに戻ってこられたことを心からうれしく思います。
そして二宮さんを始め、キャストのみなさんとお芝居するのが凄く楽しみでワクワクしています。
今回、世良雅志を演じる上で、挑戦、敗北、葛藤が僕のテーマです。あの頃はまだ研修医だった世良が、もがきながらもどう本物の医者になっていくのか。医者としてのあり方や、この世界にはどのような医者が必要なのかを演じていく中で見つけていきたいと思います!
世良らしく一生懸命頑張ります!

葵わかなさん

6年ぶりとなりましたが、続編に出演させていただけることはとても光栄で、うれしい気持ちでいっぱいです。
シーズン1を作り上げた皆さんと、また作品を作り上げる仲間として過ごせることへの楽しさを日々感じています。
シーズン1では、私が演じた美和は新人で、人の命と向き合う現場で翻弄されていましたが、演じていた自分自身も同じように、まわりの世界に圧倒され、翻弄されていたように思います。
今回は6年経ったことで美和の成長や責任感を演じながら感じていますし、また私自身も、前回より何かこの作品のためにできることはないのか、意気込みながら撮影に臨んでいます。
天城雪彦という新しいキャラクターと共に進んでいく『ブラックペアン』の世界を、また皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

小泉孝太郎さん

シーズン2をやりたいという燃える気持ちはあったのですが、4年、5年と経つと正直実現が難しいのかなと、諦めかけていた自分がいました。ですが昨年お話をいただき、本当にうれしく、一気にモチベーションも上がりました。
二宮さんが演じる天城は、とてもチャーミングで、ゾクゾクしています。気づいたら一気に射抜かれているような雰囲気で、渡海とはまた違った魅力がありますね。ぜひ、楽しみにしていただきたいです。

内野聖陽さん

新病院を設立し、心臓外科の最高峰を目指す佐伯清剛のエネルギッシュな野心にとても魅力を感じています。その野望の先に何を見つめているのか。佐伯病院長の瞳の中に彼の魂を宿らせられたらと願いつつ監督の演出に毎日心躍らせています。
そして、我らがヒーロー・二宮和也君が渡海と瓜二つの天城雪彦という規格外のキャラクターをどう演じてくれるのかも視聴者の皆様と同じ気持ちでワクワクしているところです。
フィクションのもつ振り幅の大きさの中にも、大人の楽しめるエンターテインメントになるといいなと密かに念じながら撮影続行中です! 皆さまどうぞご期待ください。

原作者・海堂 尊さん

打ち上げの席で浮かんだ続編のアイディアを、プロデューサーの伊與田さんにダメ元でお伝えして6年、ついに念願叶ってうれしいです。今回、二宮さんに演じていただくのは前回の渡海と真逆のタイプの天城雪彦です。再結集したスタッフが、どのように天城に対峙していくのかと思うと、ワクワクしています。きっと出演者のみなさんは、私の予想を上回る素晴らしいドラマを作り上げてくださることでしょう。

プロデュース・伊與田英徳

海堂さんからのびっくりするようなご提案をいただいてから、6年の月日が経ってしまいましたが、ブラックペアンが再び放送できることになって大変うれしく思います。6年ぶりに皆さんに演じていただいている姿を見て大変幸せな時間を過ごしています。6年と聞くと長いようにも思いましたが、皆さんが集まると、6年間ずっと一緒に過ごしてきたかのように空気が動き出しました。世良くんは成長して頼もしい医者になっています。美和さんもやさしく包容力のある看護師になっています。高階先生は東城大の屋台骨を支える医者になっています。佐伯教授は院長になって益々貫禄が増していました。そして、天城雪彦という新しいキャラクターの出現で、病院の空気感がどんどん変化していきます。続編ではありますが、全く新しいドラマが始まっています。皆さん、楽しみにお待ちいただきたいと思います。

ページをシェアする

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
このページの先頭へ

関連リンク