2018年11月19日(月)よる7時〜

歌のゴールデンヒット -年間売上げ1位の50年-

番宣画像

みどころ

昭和から平成へ、そして新しい時代へ聴き継がれ
歌い継がれる名曲ばかりの 50 年間を振り返る

MC写真

TBSでは11月19日(月)よる7時から、『歌のゴールデンヒット』-年間売上げ1位の50年-を放送します!

4回目となる今回は、50年分の「年間売り上げランキング」を紹介するとともに、昭和から平成へ、そして新しい時代へ聴き継がれ歌い継がれる名曲ばかりの50年間を振り返ります。
大変貴重な当時の歌唱映像を、その時代を映し出す懐かしい映像とともにご紹介し、「ヒット曲と時代」の関係を浮き彫りにする完全保存版VTRに、スペシャルトークやサプライズ生歌唱を交えてお送りします。

MCを務めるのは、お馴染みの堺正章と宮迫博之(雨上がり決死隊)に、なんと音楽番組の司会は初挑戦となる“芦田愛菜”が決定!
50年間の売り上げランキング上位を記録した名曲の数々を三世代の司会者がそれぞれの視線で紹介していきます。
またスペシャルゲストには“ショーケン”こと萩原健一が登場!

萩原健一写真

今回、萩原は、堺・宮迫との3人によるスペシャルトークコーナーに出演し、グループ・サウンズ時代の秘話や俳優活動時のエピソードを堺の思い出と共に語り合い、そして今後のことを赤裸々に告白。
また、音楽を愛してやまないスタジオゲストたちも豪華で世代を超えたメンバーが集結。
当時の思い出と共に溢れる音楽愛を語りつくし、番組を大いに盛り上げます!
11月19日(月)よる7時からの『歌のゴールデンヒット』をぜひご覧ください!

コメント

<堺正章>
大変長丁場でしたが、それだけ秘蔵映像を含めてたくさんの映像をTBSが保有している証しで、歌に関しての姿勢がこういうものを作り上げたのだろうと感じました。
いつ見ても懐かしい映像や、心に染み入る楽曲を聴くことが出来て、それぞれの世代がそれぞれの楽しみ方をできる番組であると思います。
芦田さんは、まだデリケートでガラスのような素材ですから強く当たらないように(笑)優しくケアをしながらやりましたが、色々な歌に詳しかったですね。
年齢よりも古い曲を口ずさんだりして、歌に興味のある子なんだと感じました。
邪魔をせずホッとできる子がいてくれるのは、番組の中でも大変効果があったと思います。

<宮迫博之(雨上がり決死隊)>
今回で4回目なのに、まだ見たことのない秘蔵映像がこんなにもあるのは、TBSのアーカイブスがとんでもないんだなと思いました。
堺さんも言っていましたが、あと5回くらい放送したら、最初の1回目から順々に放送していけば、一生できるのではないかと(笑)。
長いVTRなのにさらっと一瞬で見られるのが非常にやっていて驚きました。
自分の当時のものも思い出せるし、知らない時代のものも見て感動できるので、本当に素晴らしい番組だと思います。
愛菜ちゃんの世代で知るわけのない曲でも、ご両親が口ずさんでいたから歌えるんだと言っていましたが、ご両親の年齢より昔の「神田川」を歌っていたのはちょっと異常でした(笑)。
もしかしたら賢い子ですから、事前に色々な映像を見てインプットしてきたのかもしれないですね。
僕より「神田川」を歌っていたのでビックリしました(笑)。

<芦田愛菜>
時間があっという間で、楽しかったです。
生まれる全然前の曲も自然と口ずさめました。
母と父が聞いていて、その影響で知っている曲が多かったので、自分でもびっくりしました。こうやって世代を超えて歌でつながれる。
そういうところが歌のいいところなんだなと改めて思いました。
堺さん宮迫さんと並ばせていただいて、私がここにいていいのかなって感じでいました。
いろいろ失敗もあったんですけど、お2人にたくさん助けていただきました。
私にとって司会をされている堺さんが、いつも見ている堺さんなので、ああやって歌を歌われている若い時の堺さんが、ちょっと不思議な感じでした。
宮迫さんはほんとにいつも助けていただいて、いつも盛り上げてくださって、今日は本当にありがとうございました。
お2人には、本当に感謝の言葉しかないです。

出演者

司会:
堺正章
宮迫博之(雨上がり決死隊)
芦田愛菜

出演:
井森美幸
黒沢かずこ(森三中)
小坂明子(VTR出演)
立川志らく
土田晃之
萩原健一(対談ゲスト)
B.B.クイーンズ
松嶋尚美
松本伊代
六角精児
(50音順)

公式SNS

※ 外部サイトへ移動します

ページトップへ