人物紹介

(写真)

堂上 篤(どうじょう あつし) 岡田准一 関東図書隊防衛部 図書特殊部隊 二等図書正

隊員を厳しく鍛える鬼教官。本来は熱く激しい心の持ち主だが、新人の頃の一件より、冷静さを保つよう努めている。 しかし、郁とのやり取りに限っては、頭に血が上ってしまい言い合いもしばしば。


(写真)

笠原 郁(かさはら いく) 榮倉奈々 関東図書隊防衛部 図書特殊部隊 一等図書士

頭を使うことは得意ではないが、身体能力に長け、本を愛する純粋で強い気持ちは、隊のフラッグシップともなる存在。
堂上とのケンカの才能に秀でている。昔出会った“王子様”に憧れるほど、恋には奥手で純情な乙女。


(写真)

小牧 幹久(こまき みきひさ) 田中 圭 関東図書隊防衛部 図書特殊部隊 二等図書正

正論を吐かせたら右に出る者はいないほどの部隊きっての理論派。隊員への指導は優しく、笑い上戸の一面も。堂上の良き相談相手。幼なじみの毬江に対する自分の感情の変化に戸惑っている。


(写真)

手塚 光(てづか ひかる) 福士蒼汰 関東図書隊防衛部 図書特殊部隊 一等図書士

部隊ではスナイパー(狙撃手)を担当。堂上を強く尊敬している。兄の慧とは、長らく仲違いを続けている。入隊当初より隊員としては隙が無いほど優秀であるが、柴崎のことに関しては隙だらけで、些細なことまで気になってしまう。


(写真)

中澤 毬江(なかざわ まりえ) 土屋太鳳

小牧の幼なじみ。高校1年生の時に突発性難聴にかかり、聴覚障害者に。
小さな頃から小牧に恋心を抱いている。


(写真)

朝比奈 修二(あさひな しゅうじ) 中村 蒼 八王子歴史民俗博物館 学芸員

図書文化について調べるために関東図書基地にやってきた。対応した柴崎を食事に誘ったりと好意を寄せているようだが…


(写真)

折口 マキ(おりくち まき) 西田尚美 週刊「新世相」編集部記者

記事を通して検閲の在り方に批判を続ける。玄田とは大学の同期であり、良き同志でもある。


(写真)

玄田 竜助(げんだ りゅうすけ) 橋本じゅん 関東図書隊防衛部 図書特殊部隊隊長 三等図書監

一度言い出したら聞かない剛腕タイプだが、仁科を支え、隊員に対しても常に情に厚い、頼れる隊長。


(写真)

尾井谷 元(びいたに はじめ) 相島一之 良化特務機関 良化隊隊長 一等良化特務正

良化隊の冷徹な指揮官。職務に対し忠実で、一切の妥協をせず図書を取り締まる。


(写真)

手塚 慧(てづか さとし) 松坂桃李 文部科学省

手塚光の兄。かつては図書隊防衛部に所属する超エリートだったが、異なる理想を掲げ、文科省に入省。


(写真)

柴崎 麻子(しばさき あさこ) 栗山千明(特別出演) 関東図書隊事業部 一等図書士

“図書隊の華”と呼ばれるほどの美貌と、八方美人な性格を活かし、あらゆる情報に精通している。同期の郁とは、寮の同室でもあり良き理解者。また同期の手塚とは、唯一、隠している本音をぶつけられる関係。


(写真)

仁科 巌(にしな いわお) 石坂浩二 関東図書基地 基地司令 特殊図書監

図書隊の創設者。図書隊創設を決意させた図書館襲撃事件“日野の悪夢”にて片足を失う。