2015年4月期連続ドラマ毎週日曜よる9時

インタビュー

柄本佑さん(松井新太郎役)

撮影現場の雰囲気は?

たくさんの人が集ると自ずと馴れ合いのような感じになるけれど、今回この現場はそういった雰囲気は感じられません。
合間に皆で笑いながら話したりもしますが、それでもどこか緊張感を持ちつつ、楽しい撮影時間を過ごさせていただいています。

天皇の料理番に出演することが決まって

僕はその原作自体は知らなかったのですが、お話をいただいたとき中井貴一さんとお仕事をしていて 「僕、一番好きなドラマだったんだよ」 とおっしゃっていただいたり、手塚とおるさんからも好きだった作品だと聞いたり… そういう話を方々から聞くと頑張らないとなあと改めて思いました。
それから僕も前回の作品を見させていただいたら… とてもおもしろかったです!
今回、僕が演じるのは当時、明石家さんまさんが演じていた役で、その役を演じると思ったら、変にプレッシャーを感じたりして (笑)。辰吉を演じていたさんまさんは、すごく素敵だったので。
でも、今回の 『天皇の料理番』 は、その頃の作品とはまた違うかたちでドラマになっているので、自分なりに真面目にこの作品に取り組んでいければなと思っています。

演じている山上辰吉という人物

すごく真面目な奴です。
真面目な努力家ではあるけど、篤蔵のような才能はない… そんな普通の男だと思っています。

ご自身は料理はしますか?

先日、『日曜劇場 とんび』 第7話の再放送があって、僕は7話で中華料理屋の “あんちゃん” 役で出演していたのですが、料理をするお芝居をしていたんですけど、今、見るとすごい下手でしたねぇ (笑)
僕自身、料理はあまりしないので、今回撮影にあたり料理の練習をしてきましたが、最近では料理を作るのが楽しくなってきました。
じゃがいもの千切りの練習をするんですが、今、千切りがとくに楽しくて!家で千切りばかりしています (笑)
一時期豚汁作りにはまっていて… というのも、ある日 『映画 深夜食堂』 を観ていたら、映画の冒頭で豚汁を作っていたんです。油をひいて… 豚肉を炒めて… 野菜を入れて… そこに水が入るんですけど、ちょっと色がついているから 「あれは出汁かなあ」 なんて、画面の情報だけで豚汁を作ってみました (笑)。妻は美味しいと言ってくれましたけど、とにかく見よう見まねでしたから、自分では 「こんなものかなぁ」 という感想です。と言っても、料理の練習のつもりだったので、具材は全て千切りなんですけどね (笑)
料理を教えてくださった先生からは、すごく褒められました。「俳優やめて料理人になればいいのに」 と言われたんですけど、それはそれでどうなんろう (苦笑)。努力が報われた体験があまりないので、そう言っていただけてすごくうれしかったです。だから余計に頑張ろうと思えました。自分は不精なので、自ら何かを始めることはなかったんですけど、今は料理と出会って毎日の実生活がすごく楽しく過ごせています (笑)
ちなみに… 料理の先生から 「練習でじゃがいもを千切りにしたあとは、チーズを混ぜて焼いてガレットにしたらいいよ」 と教えていただいて 「これを妻に食べさせてやろう!」 と家で作って披露しました。食べさせてあげたいと言うよりも、食べてもらって、ただ褒められたいというのがありますよね (笑)。日常的に褒められるってもう、あまりないじゃないですか。包丁さばきを見せて 「すごい!」 とただ褒められたいんですよね。同じように手元がアップになるカットがあると、出演者の皆にも 「すごい!」 と言われたくて、つい頑張ってしまう… 意外とそういう雑念を持って臨むと上手くいくんです (笑)

ご自身が人生で影響を受けた人物

親父 (柄本明さん) には影響を受けている… というか教育を受けています (笑)
お芝居に関しても、親父に教育されてきたのでやはり親父しかいないでしょうね。
仕事をしている親父の姿を見たりすると 「この人すごい人なんだな」 と。あの年齢になった今でも、未だにたった一言のセリフと向き合って夜中まで稽古している姿を間近で見ると、凄い人だなと単純に思いますし、影響を受けてしまうのは仕方がないですよね。
なので、僕にとって影響を受けた人といえば、教育を受けた人、親父ですかね。

今後のみどころ

僕の千切りの手元のカットは、長い時間撮ったんですよねぇ。そのシーンがドラマの中でどのくらいの長さ使われるのか… わからないですけど、その千切りシーンはぜひ見て欲しいです!
ドラマをやっていて初めてです (笑)。「このシーンをぜひ見てほしい!」 と思うのは。できたら長く使って欲しいなぁ…。誤解されると嫌なので言っておきますが、あれはすべて僕自身が料理しています!吹き替えではないんですけど… でも吹き替えだと思われるのも、すごいですね (笑)
これから篤蔵がどう成長していくのかというのが、このドラマ全体のみどころ。
本当に波乱万丈な人生を送っていて 「これがまさか実話なの?」 と思ってしまうくらい。そういった話の本筋は観れば必ず楽しんでいただけると思います!

目次へ戻る


↑このページの一番上へ