緊急特別企画 TVの前の犯人に告ぐ 全国包囲網 ザ・鑑識!|TBSテレビ:水トク!

一週間の真ん中にお届けする夢の3時間スペシャル

11月4日(水) よる7時から

2015年11月4日(水)放送

緊急特別企画 TVの前の犯人に告ぐ 全国包囲網 ザ・鑑識!

◆ お知らせ

11月4日よる7時から放送予定です。お楽しみに!

◆ みどころ

犯人は絶対に逃がさない! 悪事の真相を究明する、鑑識の最新情報を紹介する。

犯行現場に残る、指紋や足跡、髪の毛など捜査の手掛かりとなる様々な証拠を集め、犯行状況を明らかにしてゆく鑑識の最新情報を紹介する。
さらに、犯人の足取りをつかむために活用される防犯カメラなどが教える衝撃の真実。三宅裕司が案内人となって各現場を巡り日々進歩する鑑識の真実に迫る。

繁華街に設置された多数の監視カメラ。それらに記録された映像は、犯人の逃走経路をあぶり出し、犯行に至る状況を明らかにする。
三宅は防犯カメラの情報が事件解決に役立った事例を紹介し、街のカメラがどのような映像を撮影しており、どのように活用されているのかをリポートする。
犯罪ジャーナリスト、小川泰平が三宅に同行し、詳しく解説する。自ら捜査経験もある小川は、街中に設置された防犯カメラが鑑識に役立つとともに、犯罪を起こさせない抑止力になっていると指摘する。
サスペンスドラマでは描かれない、指紋採取や筆跡鑑定、手配書の似顔絵描きの秘密テクニックも公開する。

また1986年に発生し、日本中を震撼させたトリカブト殺人事件を、再現ドラマで振り返る。完全犯罪と思われた事件を解決に導いた大学助教授の執念を追う。
沖縄県の医学部助教授が、突然死した若い女性の検視を依頼された。きれい過ぎる遺体に違和感を覚えた助教授は、彼女の血液を保管することを決めた。
捜査の指揮を執った、当時の警視庁捜査一課管理官の倉科孝靖も、事件を振り返って初告白。貴重な証言をスクープする。
やがて女性は保険金目当てで殺されたのではないか、との疑惑が浮上。残されていた血液が詳しく調べられ、トリカブトの毒が検出された。だが、それだけでは容疑者のアリバイを崩すことができなかった…
血液を保管することを決めた助教授のひらめきと、ありとあらゆる手段を尽くした執念の鑑定、そして警察の緻密な捜査が犯行をあぶりだす!

一方、2001年青森県弘前市で起こった消費者金融支店の強盗放火殺人事件にもスポットを当てる。捜査員への取材で新たな事実が判明した。今明らかになる真実とは?

【三宅裕司のコメント】
番組の企画の説明を聞き、各地で取材をしながら驚くことばかりです。深く記憶に残っていたトリカブト殺人事件の犯人のアジトが、普通の民家の中にあったことも初めて知りました。防犯カメラが犯罪の抑止力になっているという説明は説得力がありました。犯行を防ぐために日々努力されている警察やみなさんの努力は、ありがたく頭が下がります。

今後の放送予定

2018年7月25日放送予定
実家を片づけてみませんか?

※ 放送内容は変更する場合があります。

PAGETOP