コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 『小公女セイラ』 〜磯山晶(TBSプロデューサー)放送前コメント〜

磯山晶放送前コメント

自分自身が少女だった、昔々から、大好きだった小説です。
今回、この名作をドラマ化することが出来て、とても嬉しく思っています。
いろいろとお気に入りの要素がありますが、何より、
「 どんな逆境にあっても、私はここまで胸を張っていられるだろうか? 」 と思わされる、セイラの強さが好きです。
志田さんなら、誰よりも凛とした強さを演じきってくれると期待しています。

そして、いつもは 「 優しいお母さん 」 というイメージの樋口さんに 「 人生最大の悪役 」 に挑んでいただくこと、映画 「 バッテリー 」 のときから、お仕事を一緒にしてみたいと思っていた林遣都くんに初連ドラを体験してもらうことも、プロデューサーとして楽しみで仕方がありません。

さらに今回、脚本家の岡田惠和さんと初めてタッグを組むことも、新鮮で気持ちが引き締まる思いです。

スタッフ・キャスト一丸となって、面白くて質のいい作品を作り出し、「 やっぱりテレビドラマって面白い!」 と思っていただけるものにしたいと思っています。

(photo)