コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 『小公女セイラ』 〜あらすじ〜

第1話「みんなが涙した世界の名作!大金持ちのお嬢様が召使いに…泣いたりしない。だって女の子は誰でもプリンセスなんだから…どんな逆境にも強く正しい姿に家族揃って感動して下さい」2009年10月17日(土)よる7時00分(初回2時間スペシャル)

幼い頃に母親を亡くした 黒田セイラ (志田未来) は、実業家の父親・黒田龍之介 (谷中敦) にインドで育てられた。
娘の教育のことを考えた父は、セイラが高校生になる際にひとりで日本に帰国させ、セイラの母が通っていた全寮制のミレニウス女学院に入学させることにした。
裕福な家庭を自慢することもなく、誰に対しても分け隔てなく優しく接するセイラは、学院内でも多くの友達を得る。
学院の使用人である 三浦カイト (林遣都) もそんなセイラに心を寄せる一人だった。

一方で学院長・三村千恵子 (樋口可南子) は、寄付金の額によって生徒の待遇を変えるような人間だった。
黒田家の莫大な財産を背景にしたセイラを入学当初から特別待遇で扱ったが、セイラの天真爛漫な態度に自分のコンプレックスをことごとく刺激され、不愉快な思いをしていた。

そんなある日、学院全体で行われたセイラ16歳の誕生日を祝うパーティーの最中、セイラは院長から信じ難い報告を受ける…。

(photo)