コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 『小公女セイラ』 〜インタビュー〜

Vol.10 志田未来 (黒田セイラ 役)

※ 先週からの続き )

ハッピーエンドで終わった第10話の感想を教えてください。

第10話の脚本を読み終わって、林遣都くんと2人で 「 岡田 (惠和) 先生は天才!」 って超盛り上がりました (笑)!
セイラがお金持ちに戻って、院長先生より上の立場についた…… 普通だったら意地悪した人に復讐したくなるのに、セイラは女学院の人たち一人ひとりのことを考えて、みんなが一番幸せになれるように行動するんです。その思いやりというか、院長先生や小沼夫妻にまで手を差し伸べる優しさには、感心しました。
第10話でお嬢様に戻ったセイラですけど、第1話の頃よりもっとステキなお嬢様になったと思います。
そんな風に生まれ変われたのも、一度何もかも失ってどん底に落ちて、傷つけ傷つけられて、たくさんのことを学んだからです。
お父様が亡くならず、ずっと恵まれた環境にいたら、あそこまで成長できなかったと思います。
あとカイトくんとの屋根裏部屋での別れのシーンは、悲しいけれど、セイラたちにとっては希望のある旅立ちだったので、とても感動しました。 ( → 次のページへ )

(photo)