コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS「日曜劇場 SCANDAL」

毎週日曜よる9時放送!



主題歌

「LOVE〜winter song〜」福原美穂(ソニー・ミュージックレコーズ)

プロフィール
北海道出身。21歳。両親が音楽好きなこともあり、常にさまざまな音楽に囲まれ育つ。15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで06年5月『The Roots』、10月にEP『Step☆Out』を道内のみでリリース。
HMV札幌チャートでTOP10(最高3位)、FM NORTH WAVEでもOAチャートTOP10に入るなど道内でもの凄い勢いで話題となり、2タイトル10,000枚(全国規模換算40万枚)を超すヒットとなっている。
08年2月に日本人としてはじめて、米・LAの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露、黒人教会220年の歴史を変えたと、賞賛を受ける。その後、北海道Zepp Sapporoにて2,000人を集める初ワンマンライブを行い、4月16日に「CHANGE」でメジャーデビュー。
有線のリクエストチャート最高位4位、SSTV、MTV、M-ON TV衛星3局波にてヘビーローテーションアーティストとして選ばれ、女性アーティストとして全国ラジオ局パワープレイ史上最多獲得し、話題となる。
URL:www.fukuharamiho.com

コメント
私には、2人の小さな妹たちがいます。

彼女たちが生まれたとき、私はまだ中学生で、小さな家に住んでました。産まれて家に母と一緒に帰ってきて、その時は妹だという実感が湧きませんでした。不思議でした。いきなり赤ちゃんが家にやってくるのが。

恐る恐る、彼女のオデコにチュウをした時の匂いと体温に感動して涙が沢山出てきました。世界中に「生まれてきてくれて、本当にありがとう!」って叫びたかったくらい嬉しかったことと、母でも無いのに、「何があっても守りたい。」と想ったのを覚えています。同時に母をとても尊敬しました。

私が15歳のとき、丁度クリスマスの直前、北海道の地元テレビ局(HTB)の夕方のカラオケ番組に出演しました。賞金を貰って、妹たちに、ケーキを買おうと思って。課題曲がマライヤキャリーの「恋人たちのクリスマス」ということもあって。
結果、それが私のデビューのきっかけになりました。
信じられないくらい今でもビックリしてます(笑)

今年の夏、妹たちが夏休みで東京に遊びに来ました。

その時私は、ドラマ(TBSドラマ「SCANDAL」)の主題歌のお話を頂き、その制作準備をしている真っ最中でした。大事な作業の途中でも、留守番をしている妹たちは、1時間に2、3回くらい私に電話をしてきて、せっかくの作業が中断したりもしました。正直、全然集中できなくて。いざ、心配になって家に帰ると、幸せそうに笑って迎えてくれる妹たちの顔を見て、時には留守番に疲れて寝ている顔を見て「大きくなっても、この先この笑顔が消えて欲しくない」と強く感じました。

この気持ちと、プロデューサーの生野さんと最初にお会いしたときに伺った楽曲制作にあたってのリクエストとメッセージが重なりました。

「テレビをつけると、家族内の殺人事件のニュースが多い。本当はそうじゃない。大切なものは、本当はとても身近にあって、暴力という方向じゃなく、小さな面倒くさいこと、嫌になることもたくさんあるけど、そんな毎日も明るく笑い飛ばそうよ、愛を高らかに歌おうよっていうメッセージを伝えたい」

そのメッセージと、私の気持ちが奇跡的にリンクしました。
私はこの曲を、愛する妹たちに捧げたいと思ってつくりました。

今年の冬、日本中をこの歌でハッピーにしたい。
そんなデタラメな願いも込めて。

2008年
福原美穂