インタビュー

→目次へ戻る

vol.07:反町隆史さん

(photo)

台本を読んだ感想を教えてください。

『 最高の人生の終り方 』 というタイトルが今までにないような新鮮なものだったので、どんなお話なのだろうと思いました。
実際に台本を読むと、家族の心のふれあいがきちんと描かれている作品だと思いました。

演じている井原健人について教えてください。

井原家の長男ということもあり、井原屋を継ぐはずだったのですがあるきっかけで継がずに家族の前から姿を消し、さらに井原家を引っ掻き回す… そんな役柄です。

最高の人生の終り方というタイトルですが、最高に人生を終らすには?

難しいですね… 答えがないのかもしれません。最高の人生の終らせるには、生まれ育ったところで終わりたいという方もいらっしゃるだろうし、思い入れのある場所、家族のいるところで… さまざまな形がありますよね。なので、そのときになってみなければ、最高の終り方はわからないのではないかな… と思っています。

このドラマの見どころを教えてください。

人間味あふれるドラマとなっているので、家族とのふれあいや井原屋のある商店街のみなさんとのふれあい… そういったところにぜひ注目して見てください。


↑このページの一番上へ