インタビュー

雨宮博美/室井滋さん

台本を読んだ感想は?

久々のラブコメだなと。自分の年齢のせいもあって、最近はラブコメを見る機会がなかったので、新鮮というか久しぶりという感じです。台本もテンポが良くてとても楽しいので、ドラマの出来上がりが楽しみです。

恋愛ニートという言葉は知っていましたか?

私、たまたまなんですけど「恋愛ニート」という話題と似たような本を最近出しまして(笑)。「女の悩みはいつもマトリョーシカ」という本なんですけど、このドラマに登場する30〜40代の女性の人たちに向けた内容なんですね。私にとっては、ちょっと昔の話になりますけど、女性の30〜40代の世代って、女性として分岐点に立っているというか。そんな人たちに私から言いたいことを本にしたんですけど、それと同じようなことを、この番組でも取り上げているので、すごく共感しました。
私の周りにも30代前後の女性スタッフがたくさんいて、話を聞く機会があるんですけど、私たちの時代とはまたちょっと違った恋愛の悩みを聞くんですね。例えば、可愛くて、とてもいい人なのに彼氏がいないとかいう女子たち。全国にもたくさんいらっしゃると思うんです。そんな皆さんにぜひ、このドラマを参考にしていただきたいですね。

今回演じる雨宮博美という女性はどんな人物でしょうか?

イメージ

仲間さんが演じる木下凛が勤める会社の社長で、彼女に対して昔から目をかけているんですが、彼女が年齢を重ねて段々と難しい立場になってきたんですね。部下や上司との付き合い方のほか、外に出てお客さんとの付き合い方など、責任が付いて回る立場、年代なんですよね。そんなとき、仕事につまずいている彼女を見ていて、「彼女の内側の部分、仕事以外の部分でなにか影響していることがあるのでは?」ということを博美がいち早く見抜いて「これはなんとかせないかん!」と、頑張っている女性です。
最初は、あまり説教臭くなるのはどうかなと思っていたんですけど、撮影が始まってみると、アメリカンコメディーみたいな感じで、かなり楽しい雰囲気なので、ちょっと変な上司でもいいんだと感じています(笑)。リアリティーがないのはまずいですけど、そこはバランスを取りながら楽しんで演じます。

そんな博美を演じる上で気を付けているポイントは?

ポジション的にはしっかりとしていなきゃいけない人物だと思うんですけど、私の周りにいらっしゃる社長さんや年配の方たちを見ていると、人間臭い人って多いので、例えば、凛の悩みに対して、彼女と同じ次元で一緒に悩んであげるような、そんな上司に見えるよう演じたいと思います。

仲間さんの印象はいかがですか?

イメージ

(※インタビューの時点では仲間さんとのシーンしか撮影していないので、仲間さんの印象をお話いただきました)
仲間さんと共演するのは初めてなんですけど、仲間さんが本当に素直で素敵な方なので、初めて会った感じがしないんです。一緒にいるのがすごく楽しいというか、好きです(笑)。

視聴者の方に見どころなどメッセージをお願いします。

「恋愛ニート」ぜひ!! 心当たりのあると思われる方、お待ちしています(笑)。

モバイルサイト〈メニュー→TV→TBS→恋愛ニート〉