ワンセグって?

はじめに

いつでもどこでも、気軽に携帯電話でテレビ番組をチェック…今や、多くの携帯電話に搭載されている『ワンセグ』ですが、どんなサービスなのかよくわからない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今さら人に聞けない…というアナタのための『ワンセグ』基礎知識講座です。

1セグメントを利用するから『ワンセグ』

イメージ

地上デジタル放送は放送用の帯域を13個のセグメントに分けて使用しています。
そのうち12個のセグメントを家庭用テレビなどで視聴する高画質・高音質の地上デジタル放送に割当てています。残った1セグメントを利用して移動体端末向けに放送する地上デジタル放送のことを『ワンセグ』と呼びます。
セグメント…全体をいくつかに分割したもののひとつ。13セグメントというのは箱に小分けされたもの(セグメント)が13個あるということになります。

広がる!視聴端末

『『ワンセグ』機能が搭載されいる携帯電話は、サービス開始当時から増え続け、今では携帯電話の「あたり前の機能」の一つと言ってもよいかもしれません。
また、携帯電話以外にも、『ワンセグ』放送を受信するチューナーは、カーナビ、ノートパソコン、携帯ゲーム機、ポータブルテレビ、電子手帳、チューナー(PCカード接続タイプ、USB接続タイプ)など、さまざまな製品に搭載されています。

テレビを見るだけ?ほんと多機能な『ワンセグ』

番組の内容をはもちろん、ニュースや天気など、番組の内容以外の情報をデータ放送で提供しています。くわしくは、こちらをご覧下さい。

『ワンセグ』は、地上デジタルテレビ放送のサービスの一つであり、携帯電話とは異なる電波を使用しています。従って、携帯電話の通話可能エリアと、『ワンセグ』が受信可能なエリアは異なります。

地上デジタルテレビ放送のエリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場所や、電波の弱い場所、トンネル・地下・建物の中など電波の届かない場所では、『ワンセグ』が受信できないことがあります。

『ワンセグ』を受信可能な携帯端末と屋外にアンテナを設置して受信する場合とでは、同一場所であっても受信状態が異なります。また、携帯端末や車載用の受信機など使用する受信機の性能によっても受信状態が変わります。

『ワンセグ』は、複数の放送局(中継局を含む)によってサービスされているため、電車や車等で移動しながら『ワンセグ』を受信している場合は、異なるエリアに入ると、受信チャンネルが変わることがあります。その場合はチャンネルの再設定の必要があります。(チャンネル設定の方法などは、受信機の取扱説明書をご覧ください)