レシピ

11月29日(水)放送

みぞれ豚しゃぶ鍋/さつま揚げのカリカリ豚包み揚げ

90秒で分かるおびゴハン!

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

シェフの主菜

みぞれ豚しゃぶ鍋

(本日の料理 写真)
材料(4人前)
豚バラ肉・豚ロース肉 250g
大根おろし 1/2本分
長ネギ 1本
山えのき 1袋
しいたけ 3個
水菜 1/2束
絹豆腐 1丁
だし
1リットル
昆布 5g
カツオ節 40g
みりん 大さじ1
薄口醤油 大さじ1.5
ネギ生姜ダレ
長ネギ(みじん切り) 1/2本分
生姜(みじん切り) 1/2片分
大葉(みじん切り) 4枚分
一味唐辛子 少々
小さじ1/2
カツオ節 2g
ゴマ油 大さじ3.5
きゅうりダレ
きゅうり 2本
大さじ1・1/3
少々
薄口醤油 大さじ1
カツオだし 150ml
みりん 大さじ1
水溶き片栗粉(水・片栗粉) 各小さじ2
トマト味噌ダレ
味噌 100g
砂糖 大さじ3
大さじ1・1/3
みりん 大さじ1・1/3
トマト 1個
練りからし 大さじ1
作り方
  • 1 だしをとる。水に昆布を約2時間浸してから昆布を取り出し、漬けた水を鍋にうつし入れ、火にかけ、ふつふつしてきたら花かつおを入れて火を止め、ザルにペーパーをのせて漉し、しっかり絞ったらみりん、薄口醤油を入れる。
  • 2 長ネギは縦に2等分して斜め薄切り、山えのきは石づきを除いて小房に分け、しいたけは軸を取って十文字に4等分、水菜はえのきと同じくらいの長さに切る。豆腐は9等分にサイコロ状に切る。
  • 3 (ネギ生姜ダレ)をボウルに合わせ、熱したゴマ油をかけて混ぜ合わせる。
  • 4 (きゅうりダレ)のきゅうりをすりおろし、ザルにあけて軽く押して水気を切る。
  • 5 (きゅうりダレ)の残りの材料を小鍋に合わせて火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつけボウルに入れ、冷ましたら④を加えて合わせる。
  • 6 鍋に(トマト味噌ダレ)の味噌、砂糖を入れて弱火にかけて混ぜ、酒、みりんを加えて練る。
  • 7 ⑥に、湯剥きして角切りにしたトマト、練りからしを入れ、水分が飛ぶまで、焦げないように混ぜながら煮詰める。
  • 8 土鍋に①を入れ、沸騰させたところに、すりおろした大根を汁ごと入れ、絹豆腐、しいたけ、山えのきを入れ、火が通ったら、水菜、長ネギ、豚肉を順に乗せて蓋をし、豚肉に火を通す。3種のタレを添え、お好みのタレでいただく。

【和食】村田 明彦

店名  :季旬 鈴なり
住所  :東京都新宿区荒木町7番地 清和荘1F
電話番号:03-3350-1178
営業時間:
 18:00〜23:00(L.O)
 ※コース18:00〜22:00(L.O)
定休日 :日曜・祝日

(写真)

シュフの副菜

さつま揚げのカリカリ豚包み揚げ

(本日の料理 写真)
材料(4人前)
A
さつま揚げ(野菜入り) 2枚
マヨネーズ 大さじ1
醤油 小さじ1
豚ロース肉 8枚
適量
片栗粉 適量
大葉(せん切り) 2枚分
黒こしょう 適量
レモン(くし形) 適量
サラダ油 適量
作り方
  • 1 Aをビニール袋に入れ、つぶしてすりまぜる。
  • 2 豚肉に塩をふり、①を等分にして包む。綴じ終わったまわりに片栗粉をふるう。
  • 3 フライパンに1cm高さ程度の揚げ油を熱し、②の表面をカリカリに揚げる。
  • 4 器に盛り付け、黒こしょうをちらし、大葉のせん切りを乗せ、レモンを添える。
ポイント ※味付けは、さつまあげ自体の塩分等によって調整してください。

ページトップへ