毎週火曜 よる7時から

ZOKKON♥ジャパン〜私コレを究めました〜

4月12日の放送

写真

ユアン・グレイグさんは、陶芸の街・益子で修業し、益子の伝統である「用の美」の考えを根幹に 様々な技法で革新的なオリジナル作品を生み出す陶芸家。
「伝統は守るものではなく、伝えるもの」

  • 写真

    ZOKKONポイント①

    「土は産地にこだわらないオリジナルのブレンド」
    益子焼は益子の土を使うのが一般的だが、使用する人の使い勝手や、土の持つ特徴を生かすためブレンドして使用する。
  • 写真

    ZOKKONポイント②

    「作品の設計図を書く」
    構造やデザインを設計図にする。
    土は焼くことで縮小するため、その割合などを緻密に計算する。
    急須の注ぎ口と本体の穴の大きさの比率にも拘る。
  • 写真

    ZOKKONポイント③

    「オリジナルの焼き窯」
    益子焼で一般的に使用される登り窯は、三日三晩を要するため 3人組・三交代制で行われる。しかし、ユアンさんは一人でもできるように、熱効率を考えた独自の窯を制作。
  • 写真

    ZOKKONポイント④

    「日本各地の伝統技法を取り入れる」
    焼き物のデザインには、全国各地の技法を習得し、自分なりに応用することで、オリジナリティを生み出す。

Twitter

番組リポーター紹介

ときどきつぶやきます!
  • 写真
    ソフィ
    (出身:オーストラリア)
    日本の良さをみんなに楽しくレポートしていきたいです。
  • 写真
    クララ
    (出身:フランス)
    大好きな所さんの『ニッポンの出番』是非見てくださいね♡
  • 写真
    アイリーン
    (出身:アメリカ)
    みんなの知らない日本も元気にお届けいたします!
  • 写真
    サラフィナ
    (出身:アメリカ)
    笑って、ためになって、ビックリするような、皆さんが楽しめるレポートで頑張ります
  • 写真
    ミッレ
    (出身:ロシア)
    新しい場所を再発見、勉強になる、行けばわかる職人のすごさをお伝えしたいです。

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ