現場レポート

Vol.17明日18日よる10時からは第3話!!

2014.7.17

みなさん、こんにちは。
いよいよ明日18日(金)は、第3話の放送。
Webスタッフはまだ完成したものを見ていないのですが、twitterによると“素晴らしい出来”とのことなので、楽しみにしていてくださいね!そうそう、1話2話を担当した坪井監督からバトンを受け、第3話の演出は山本剛義さんが担当されるので、そちらも合わせてお楽しみに!!

さて、第3話では家族・個人の悩みがより深く描かれています。
男性・女性・立場などによって共感する登場人物、感情移入登場人物は違うと思いますが、ぜひそれぞれの思いを受け取っていただきたいのですが……
そんな3話で思いきった行動に出るのが、浚介の恋人・美歩!!
「こんな行動に出ちゃうの!?美歩ってすごい!」と山口さんがおっしゃっていたのですが、グイグイ浚介に迫ります。とある巣藤家シーンでは……
「浚介は呆然としている感じ。美歩の言葉を受け取っているように見えてしまうから、“何言っているの?”という思いを強く表情に出したほうがいいかなと」と山本監督。台本では4ページ強のシーンですが、浚介のテンションと心の動きを相談しながらドライリハーサルが行われました。
その後、行われた撮影では、「浚介は、わりと強めに言っていいと思うんだよね」と山本監督は伊藤さんに。いつもは美歩に対して流されっぱなしの浚介が結婚を決めるのか!?“浚介の変化”に注目してご覧ください。

イメージ
会話中の浚介と美歩の動きを確認中。
イメージ
撮影写真を使うと展開が分かってしまいそうなので……浚介のデスクを掲載。

続きましては、もう1シーン紹介したいと思います。
馬見原の娘・真弓が夫・鉄哉と経営している花屋「石倉フラワー」シーン。
退院した母・佐和子はリハビリも兼ねて花屋を手伝っているのですが、ある男がやってきます。佐和子に関して“明るすぎる音声で”とト書きがあったのですが、終始にこにことテンション高めで演じられていた秋山さん。途中気になったのか、「やりすぎてません?」とたずねていたのですが、「現段階の佐和子さんは、今の感じのテンションがいいと思います」と山本監督。モニターを見ながら、“佐和子の雰囲気がとってもいいね”とつぶやいていました。一方、母を心配そうに見つめる真弓に関しては、「頑張って働いている佐和子さんの体調を心配しつつも、そばにいるから安心感もある感じに」と山本監督からあり、父・馬見原に対する態度とは違い穏やかな表情の真弓を演じられていた篠田さん。「“何か嫌な感じの客だな”と思うけど、警戒心を強くし過ぎないで」と山本監督から篠田さんに伝えていたのですが、その客(ある男)とは一体!?

イメージ
石倉フラワーの車!
イメージ
満足げな山本監督♪(中央の青いダウンの方)
イメージ
あの男がやってきた!「笑顔」と「憎しみの顔」を山本監督と相談していました。
イメージ
真弓が娘・碧子(みどりこ)を抱き上げる動作を相談中。
イメージ
山本監督と真弓について話し合う篠田さん。
イメージ
おんぶの仕方、あやし方などを習い、花屋で働く真弓を撮影。「背中に温かさを感じて、とっても癒されます!」と篠田さん。

ではでは、みなさん!!
明日7月18日(金)よる10時から放送の『家族狩り』第3話を楽しみにしていてくださいね!!

スペシャルコンテンツ

グッズ発売中!

PAGE TOP