じょんのび日本遺産

2021年2月7日(日)

北総の旅

豊かな自然の中にいくつもの町が連なる千葉県北総地域。江戸時代に栄え、当時の風情が残る都市を鷲見玲奈さんが巡る。まず訪れたのは、江戸時代から多くの庶民が訪れた成田山新勝寺。開山以来1080年以上にわたり1日も欠かすことなく行われている「護摩祈祷」を体験する。参道では老舗の和菓子屋やうなぎ屋を訪ね江戸の味を楽しむ。利根川の水運で発展した佐原では、江戸情緒の残る街並みを眺めながら、のんびりと川下りを満喫。
全国屈指の漁業の町・銚子では、大漁旗を鮮やかに染め上げる職人技を拝見。鷲見さんも小さな布におめでたい模様の染め体験をする。さらに、銚子のブランド魚「銚子つりきんめ」を求め地元で愛される大衆食堂へ。一年を通して脂の乗る極上の海の幸を甘辛い煮つけで味わった。最後に、江戸庶民が「銚子の磯巡り」と呼ぶ行楽で訪れた奇岩を見に海岸へ。磯巡りの終着地だった「屛風ヶ浦」で夕日に染まった断崖絶壁を背景に、今回の旅を振り返る。江戸情緒と伝統文化を守る人々に出会う、じょんのび旅。

旅人:鷲見玲奈
ナレーター:斉藤由貴

ページトップへ戻る



関連リンク