2016年4月12日スタート

インタビュー

小泉 純役 坂口健太郎さん

写真

- 撮影現場はいかがですか?

原作の作品自体、とても熱量のある作品だと思いました。撮影現場のスタッフの方々も熱く、そして楽しい方々ばかりだなとクランクイン1日目で感じました。
僕が演じる小泉純は、バイブス編集部の皆さんとは部署が違うので、密に絡むわけではないのですが、濃いキャラクターの編集部の皆さんを見ていると…あの編集部にずっといたいなと思います(笑)。僕が出ていないシーンで、モニターを客観的に見ていても思わず声を出して笑ってしまうくらい楽しい編集部です。

- 原作を読んで

ドラマのお話をいただく前から、原作は読んだことがありました。いざ台本になったものを読んでみたら、黒木華さんが演じる黒沢心が仕事に対して120%の力を出す女の子だから演じる上で大変だろうなと思うところはありました。
心の周りでクセのある登場人物たちが少しずつ彼女に引き込まれていくのが、面白いですよね。コメディ作品ではないのですが、全力だからこそクスっと笑えてくるような、そういうやわらかい熱意がこの作品にはあるなと思いました。

写真

― 黒木華さんと共演して

僕が演じる小泉は仕事に自分のやりがいを見出せずに仕事に熱心ではない役で、それが少しずつ心に出会うことで感化されていくのですが…実は、クランクイン2日目に、小泉の中で、ようやく仕事でのやりがいを見つけたシーンから撮影をしていきました。今まで小泉がどこまでの熱量を持って仕事をしていたのか体感していないですし、いきなりゼロから全開までパワーを出さなければならなかったのですが、実際に黒木さん演じる心とお芝居をしていると「心といたら、ここまでテンションがあがるんだろうなあ」と、自然と感じることができました。小泉がそうだったように黒木さんがパワーを与えてくれたので、演じていて楽しかったですし、すぐに仕事に熱量を持った小泉になれました。

―ご自身の“漫画、この一冊”は?

少年漫画も好きですが、姉がいるので少女漫画も読んだりもします。
男くさい作品が好きですね。ヒーローものや青春ものも好きなのですが…一冊だけ選ぶとしたら、王道ですが『キングダム(集英社)』は大好きな作品です。自分自身にすごくパワーを与えてくれますね。

写真

―メッセージをお願いします

僕が演じさせていただいている小泉純は、自分の熱の向く方向がまだ明確じゃない男なのですが、僕の同年代の友だちにも「本当にこれが僕の全力を注ぐべき職業だ」と見つけられていない人が多いなぁと感じました。心が教えてくれる…とは少し違うかもしれませんが、120%の力で頑張る心のパワーをドラマを通して、テレビを通して吸収していただける作品になっていると思います。『重版出来!』を観て、皆さまの明日からのパワーになっていただけると嬉しいです。

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
/ © 松田奈緒子 / 小学館

トップへ