JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
2018年10月7日 放送
photo
「コバルトーレ女川 12年間の全記録 ~被災地のサッカーチームと呼ばれて~」

全国有数のサンマの水揚げで知られる宮城県女川町。サッカーチーム「コバルトーレ女川」は、人口減と高齢化に悩む町に活気をと2006年に誕生した。目標はプロのJリーグ入りで、全国から有望な若者たちが集まった。アマチュアゆえ、昼間は水産加工場で働き、夜は練習という過酷なスケジュール。それでも合間に子どもたちにサッカーを教えるなどして地域とともに歩んできた。

しかし、2011年に起きた東日本大震災で、チームは存続の危機に立たされる。津波で選手寮は全壊し、練習場は自衛隊の拠点に。仕事もサッカーも再開できない中、選手たちはボランティアに汗を流し、町民の支えとなった。

その後、チームは1年間の活動休止を経て再び目標に向かって歩み始め、去年、社会人リーグ最高峰のJFLへの昇格をかけた大会に臨む。数ある強敵に苦戦を強いられながらも、キャプテンが魂のゴールを決める。震災を乗り越えたコバルトーレ女川に、果たして“奇跡”は起きるのか…。


企画・撮影:池上公平(TBC東北放送)

photo photo photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.