原作紹介

月曜ミステリーシアター『隠蔽捜査』2014年1月13日スタート、毎週月曜よる8時放送!
原作本
『隠蔽捜査』シリーズ 今野敏・著

隠蔽捜査
(本体630円+税)
新潮文庫刊

果断 隠蔽捜査2
(本体630円+税)新潮文庫刊
単行本(本体1500円+税)新潮社刊

疑心 隠蔽捜査3
(本体630円+税)新潮文庫刊
単行本(本体1500円+税)新潮社刊

初陣 隠蔽捜査3.5
(本体630円+税)新潮文庫刊
単行本(本体1500円+税)新潮社刊

転迷 隠蔽捜査4
単行本(本体1600円+税)新潮社刊

宰領 隠蔽捜査5
単行本(本体1600円+税)新潮社刊
2005年9月、警察小説の歴史が変わりました!
長篇ミステリ『隠蔽捜査』が発表されたのです。警察庁長官官房総務課長としてマスコミ対策を担う、竜崎伸也。その幼なじみで警視庁刑事部長の職にある、伊丹俊太郎。ふたりは同期のキャリアとして採用されましたが、キャラクターは対照的です。
東大卒、常に原理原則を貫くゆえ周囲から“変人”と称される竜崎。私大出身で、快活かつ融通が利く“大人の”官僚、伊丹。二作目『果断』より竜崎は大森署署長としての責務を負うことになりますが、この名コンビの活躍により、さまざまな難事件が解決してゆきます。
年齢、性別を超え多くの読者に支えられながら、エンターテインメント小説界の注目を集め続ける、「隠蔽捜査」シリーズがこのドラマの原作です。
作者紹介
今野敏 コンノ・ビン
1955年北海道生まれ。
上智大学在学中の‘78年に「怪物が街にやってくる」で 問題小説新人賞を受賞。
卒業後、レコード会社勤務を経て、執筆に専念する。
2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞を受賞。
‘08年、『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞をW受賞する。
伝奇、武術、SFなど幅広いジャンルで執筆を続けているが、
警察小説の書き手としての評価も高い。
近著に『欠落』『晩夏 東京湾臨海署安積班』『クローズアップ』『宰領 隠蔽捜査5』
『アクティブメジャーズ』がある。
‘13年より日本推理作家協会理事長を務める。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.