世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第458回2005年07月31日
知床(II)(日本)
遺産名:
知床(II)
Shiretoko
所在地:日本(Japan)
分 類:N(ii)N(iv)
登録年:2005
放送日:2005年07月31日
放送回:第458回
知床(II)
previous on air
  next on air
onair access slide


流氷が知床にもたらした海の恵みを森に運んでくるのはサケやマスだ。川で生まれ、大海原を旅して、海の栄養を体に貯めて川に戻ってくる。
photo

国内で最も絶滅が心配されている鳥、シマフクロウも流氷の恵みで命をつないでいる。生息数130羽の半数近くが知床で暮らす。
photo

ヒグマは1月下旬、冬眠の穴の中で子供を産む。4月下旬に地上に出てきたコグマは、母グマの後をついて歩きながら、知床での生き方を学んでいく。
photo

標高1500mを越える知床連山から水深2000mを越える深海まで、流氷の恵みは知床の多くの命を養っている。それはまさに、世界でここにしか見られない自然だ。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.