世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第216回2000年08月27日
ウジュン・クロン国立公園(インドネシア)
遺産名:
ウジュン・クロン国立公園
Ujung Kulon National Park
所在地:インドネシア(Indonesia)
分 類:N(iii)N(iv)
登録年:1991
放送日:2000年08月27日
放送回:第216回
ウジュン・クロン国立公園
previous on air
  next on air
onair access slide


1883年インドネシア、ジャワ島沖のクラカタウ島が噴火。噴煙は上空8万メートルまで達し、その後5年間にわたって地球全体を覆い、世界中の気候に影響を与えたという。
photo

しかし、自然は廃虚の中からゆっくりと、やがてダイナミックに再生を始めた。ウジュンクロン半島に降り積もった火山灰は熱帯雨林の新しい土壌となり、森をよみがらせる大きな力となっていった。
photo

最も原始的な水牛の一種、バンテン。かっては東南アジア一帯に広く生息していたが、今では深刻な絶滅の危機に陥っている。ボルネオ島では、バンテンの頭蓋骨を儀式に使うため狩が行われていた。
photo

マングローブやバットレスの形をした樹木など熱帯の代表的な植物がうっそうと繁るジャングル。ウジュンクロン国立公園は、地球の生命というものをまざまざと見せつける数少ない地域である。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.