世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第134回1998年12月20日
八萬大蔵経の納められた伽耶(や)山海印寺(大韓民国)
遺産名:
八萬大蔵経の納められた伽耶(や)山海印寺
Haeinsa Temple Changgyong P'ango, the Depositories for the Tripitaka Koreana Woodblocks
所在地:大韓民国(Korea(Republic of))
分 類:C(iv)C(vi)
登録年:1995
放送日:1998年12月20日
放送回:第134回
八萬大蔵経の納められた伽耶(や)山海印寺
previous on air
  next on air
onair access slide


韓国・慶尚南道の伽耶(や)山は、古来修行僧が禅に明け暮れた韓国仏教の中心地。その山深くに建つ海印寺は、新羅時代に創建された名刹にして、仏教の至宝・「八万大蔵経」を収蔵する法宝の寺である。
photo

「八万大蔵経」とは、法華経、般若心経をはじめ、この世の仏典全てを集めたもの。13世紀、高麗の時代に八万枚を越える版木に彫り込まれ、現在までそのままの形で残る海印寺の大蔵経は、世界で最も完璧な仏教聖典とされている。
photo

無限の法力が宿るという大蔵経の版木は、刻字の美しさから美術工芸品としても高く評価される。またその内容は、仏教教理のみならず語学、医学、歴史、地理、天文など、当時の知識の全てが八万枚の中に凝縮され、さながら一大百科叢書。
photo

八万大蔵経を守る海印寺には、今も多くの修行僧が集まり、厳しい修行を続けている。また、春には大蔵経を奉る大祭が行われ、山中の寺は参拝者で埋め尽くされる。韓国が世界に誇る仏教の宝は、現在も人々の大きな信仰を集めている。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.