世界遺産
-- 特集 -- これまでの放送 -- よくある質問 --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第85回1998年01月04日
タージ・マハル(インド)
遺産名:
タージ・マハル
Taj Mahal
所在地:インド(India)
分 類:C(i)C(iii)
登録年:1978
放送日:1998年01月04日
放送回:第85回
タージ・マハル
previous on air
  next on air
onair access slide


インドの廟建築の最高峰、タージ・マハル。高さ65m、すべてが白大理石で作られた巨大な芸術品である。インドを訪れる外国人観光客の60%は、この白亜の廟を見学に来る。
photo

ムガル帝国の居城・アーグラ城。総赤砂岩造りの城壁や内部の華麗な宮殿建築の随所にペルシャ建築の様式と土着の木造建築の様式との複合的な国「を見ることができる。城内からは同じムガル帝国の廟建築であるタージ・マハルを眺められる。
photo

アーグラ城内の寝殿。建築狂として知られるムガル帝国第五代皇帝シャージャハーンは、城内にペルシャ的な香りの強い白大理石の宮殿建築やモスクを建築した。しかし、その建築費が絶頂を誇った帝国の財政を破綻に導くこととなった。
photo

タージ・マハルは、第五代皇帝が22年の歳月と天文学的な費用をかけ、亡き妻のために建てたもの。彼は、もう一つ同型の廟を建てることを願ったが、息子のアウラングゼーブに謀反を起こされアーグラ城に幽閉され、そこから最愛の妻の廟を眺めながら7年を過ごし、静かに息をひきとった。
photo

Copyright(C) 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.