TBS > ドラマ > 韓流セレクト > 僕らのイケメン青果店 > ストーリー

ストーリー

(photo)

時は希望の未来、ミレニアム2000年に突入するころ。自分の身一つ守るにも精一杯な祖母が目に入れても痛くないほど可愛い孫兄妹を引き取り育てている。兄はまだ分別つかない妹を連れて八百屋のゴミに出された白菜の葉を拾い、田んぼでセリを掘って売り、ヒヨコを買ってきて育てるなど健気な兄妹だ。祖母は親孝行され楽しく老後を過ごすところか面倒な人生になってしまったと口では不満を言いながらも仲睦まじく過ごすが、哀れな孫兄妹が施設に入れられ離れ離れにならないように願いながら亡くなってしまう。 美しく優秀な妹を、無事に大学卒業させるためにあらゆることをして社会に立ち向かってきた兄、ハン・テヤン。テヤン(太陽)という名前の通り太陽のように明るく熱い男。洗練された都会風の男でもないが、信頼できる好青年に成長した。 優秀なたくましい農村出身のイケメン、除隊後に優秀な成績で大学を卒業したが就職活動に失敗した今の時代を反映しているイケメン、芸能事務所に入り練習生として経験を積むがデビューするには何かが微妙に足りないと言われデビューまで至らなかったイケメン、苦労を知らず外国留学までした金持ちの都会のイケメン。そんな彼らが青果店で働くハン・テヤンの周りに集まってきて…。何かが始まろうと動き出す!