警視庁南平班〜七人の刑事〜⑪

2018年10月29日

解説放送あり

みどころ

4人の新メンバーを迎えてますます快調!
チームワークで難事件に挑む刑事たちの活躍を描く。
岩手県と東京で起こった殺人事件を結ぶ25年前の謎とは!?

村上弘明主演の人気シリーズ『警視庁南平班〜七人の刑事〜』の第11弾。警視庁で“鬼”と恐れられる南部平蔵を班長とする南平班の7人の刑事の活躍を描く。今回から7人の内の4人が入れ替わり、高田純次、尾上寛之、内山信二、おのののか演じる刑事たちが南平班に加入する。村上は4人全員と初共演。ドラマの設定ともぴったりの新鮮な顔ぶれが揃った。個性的な刑事たちが加わり、南平班の更なる活躍に期待が膨らむ。

南部は妻の敦子(岡田奈々)と共に、細谷玲子(伊藤かずえ)刑事の案内で岩手県の観光地を巡る。久しぶりの休暇を満喫していた南部だが、女性の悲鳴が聞こえ駆けつけると、白骨化した死体を発見。南部の通報を受けて、岩手県警の捜査が始まる。一週間後、都内で殺人事件が発生し、南平班の刑事たちが現場に急行。被害者は詐欺まがいの取引で金を稼いでいた男で、政治資金規正法違反容疑で起訴された代議士と昵懇にしていたことが判明するが、男を恨んでいる人物が 多く捜査は難航する。そんな最中、岩手県警から有力な情報が入り、南部と高村六郎(鈴木一真)刑事は 岩手に向かうのだが……。
新メンバーの刑事たちは常識に囚われない手法で捜査に臨む南平班に戸惑いながらも、それぞれの持ち味を活かし、次第に強い絆で結ばれていく。岩手県の浄土ケ浜、遠野、盛岡城址公園、平泉・中尊寺などの 観光名所を巡りながら撮影が行われ、旅情豊かな作品に仕上がった。

コメント

村上弘明さんコメント

4人の新メンバーを迎えて、初めて『七人の刑事』を撮影した時のような新鮮な思いで収録することができました。高田純次さん、尾上寛之さん、内山信二さん、おのののかさんとは初共演で、これから一緒にどのような南平班を築いていけるか楽しみです。
高田さんはバラエティ番組の印象が強いですが、芝居にはとても真摯な方です。南部とほかの刑事たちをつなぐ役柄に期待が膨らみます。尾上さん演じる川北は南部の捜査方法に反発する立ち位置。つっかかるところは若さを武器に遠慮なくやってくれと伝えました。南部と川北の緊張感のある芝居が見どころです。
内山さんは科捜研から配属されたという設定で、パソコンの知識を使って捜査本部内でほかの刑事たちの下支えをします。おのさんは現場でも時々緊張した表情を見せていましたが、初々しい演技で南平班に新鮮な雰囲気を運んでくれました。
『七人の刑事』は犯人を追い詰める、事件を解決するだけでなく、犯人とも真摯に向き合うヒューマニズムが根底に流れているドラマです。犯人を捕らえて終わりではなく、その後の犯人の生き方にも思いを寄せる南部の優しさを大切に演じていきたいと思っています。
私の故郷・岩手県でのロケは感慨深いものがありました。風光明媚な岩手の魅力を、画面を通してお届けできると幸いです。