日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2019年11月23日 よる9時から放送

第1534回

アナと雪の女王2
ディズニーアニメーションの魔法

ミステリーハンター

竹内 海南江(たけうちかなえ)

「世界ふしぎ発見!」で訪れた国は100ヶ国を突破!!105ヶ国に!!!
CM、文筆業またトラベルリュックや帽子のプロデュースなどでも活躍中。著書にエッセイ『おしりのしっぽ』『お姫様と山男』(集英社be文庫)、『あっというまに』(KKベストセラーズ)、短編小説集『アフリカの女』(幻冬舎文庫)、中編小説『うたかたの月』(幻冬舎)、散文写真集「グリオの唄」(ブルースインターアクションズ)。
オフィシャルウェブサイトは「Kanana Kingdom」
ミステリーハンターは今回で289回目(スペシャルの回は含まず)。

2014年日本に大旋風を起こした「アナと雪の女王」。その続編が間もなく公開されます。心に響く数々の名作を生み出してきたディズニーアニメーション。その秘密に迫るべくウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオへ!「アナと雪の女王2」の制作現場、そしてカリフォルニア・ディズニーランドの最新スポットを取材したミステリーハンターの竹内海南江さんにお話を伺いました。

ディズニーランドなのに ミッキーマウスがいない!? 今年5月オープンの大人気エリア

カリフォルニア・ディズニーランドがある
アナハイムでは球場にもミッキーが!

カリフォルニア・ディズニーランドの入口
取材時はハロウィーンの飾り付け!

今回取材をしたのは、カリフォルニア・ディズニーランドに今年5月オープンしたばかりのエリア、スター・ウォーズ・ギャラクシー・エッジです。このエリアに一歩入れば、そこはもうスター・ウォーズの世界一色。ディズニーランドにいながら、ディズニーランドにいることを忘れるくらいです(笑)。スター・ウォーズの世界にどっぷり浸かれるエリアですね。

目に入るものすべてが
スター・ウォーズの世界

アトラクションはもちろんですが、レストラン、ギフトショップ、ペットボトルのパッケージ、トイレやゴミ箱に至るまですべてスター・ウォーズの世界観で統一されています。このエリアで、ミッキーマウスやドナルドなどディズニーランドでお馴染みのキャラクターを目にすることはありません(笑)。さらにスター・ウォーズ・ギャラクシー・エッジ内からは、エリアの外にあるアトラクションやお城などの建物も見えないのです。その徹底ぶりは、まさにディズニーですね。
今回番組では、映画の主人公になりきれる一番人気のアトラクションをご紹介しています。スター・ウォーズファンにはたまらないと思いますし、子どもも大人もワクワクする楽しいアトラクションですよ!

名作・人気キャラクターを生み出す ディズニー・アニメーションの制作現場へ!

ディズニー・アニメーションの
最初の大スターこそミッキーマウス!

またあまり公開されることのない、ディズニー・アニメーションの制作現場も取材してきました。近年アニメーション映画の主流となってきている3DCGがどのように作られるかというのは、興味がある方も多いのではないでしょうか。コンピューターグラフィックを使って3次元を表現する3DCGを初めて見た時、そのリアルさに驚かれた方も多いと思います。そのリアリティを追求するために、ディズニー・アニメーションは実に細かな分業制で、そしてさまざまな分野の専門家が制作に関わっています。

番組を見ればもっと面白くなる! 「アナと雪の女王2」

5年前日本中を魅了した姉妹
エルサとアナ

そして前作も素晴らしかったですが、「アナと雪の女王2」ではさらに驚くような3DCGとストーリーを楽しむことができます!監督さんたち、アートディレクターさんにもとても興味深いお話を聞かせて頂きましたので、番組を見て映画をご覧になれば、より深く映画の世界観を感じることができると思います。制作現場では、みなさん妥協せず細部まで徹底的に追及して作品を作り上げています。世界中の人から愛される作品が生まれる現場で仕事をしている方たちのアニメーションに対する情熱、作品に対する想いの強さをお伝えできると思います。そしてアニメーションの仕事をしたいと思っている若い方たちの参考になれば嬉しいです。
とことん追求して作り込む、それはディズニーランドにも言えることですね。そこまでやる!?ディズニー!!が今回のテーマです(笑)。

こぼれ話

竹内海南江さんに教えて頂いたカリフォルニア・ディズニーランド最新情報についてのこぼれ話をお楽しみください!

大人気アトラクションで 待ち時間が少ない時とは?

日本のディズニーランドは、平日でも人気アトラクションは2時間、3時間待ちは当たり前という感じですが、カリフォルニア・ディズニーランドは、平日はそれほど待ち時間なくアトラクションを楽しめます。ですが今回番組でご紹介したスター・ウォーズ・ギャラクシーズ・エッジのミレニアムファルコンは、数時間待ちということがよくあるそうです。ちょうど私たちが取材をしたのも週末で、開園からほどなくして2〜3時間待ちになっていました。ゲートからミレニアムファルコン目指して走っている方をけっこうみかけましたから(笑)、朝イチ派は多いようです。私たちは11時過ぎに並んだのですが、意外に人が少なく、待ち時間は1時間弱ですみました。ランチタイムの少し前くらいからがおススメの時間ですね。

新たにできた大人の空間

これまでカリフォルニア・ディズニーランドのパーク内ではアルコールを提供していませんでしたが、スター・ウォーズ・ギャラクシーズ・エッジ内には、バーがあるのです!ただ夢の国なので(笑)、制限はあります。予約制で、お酒は一人2杯まで、時間は45分以内。残念ながら今回は入れなかったのですが、宇宙っぽいカクテルがあるそうですよ(笑)。

※この情報は2019年11月のものです

今回、番組のエンドロールの一番最後に「世界ふしぎ発見!プロダクションベイビー きょうかちゃん」と記載しています。きょうかちゃんとは、番組のスタジオ収録時の前説を担当してもらっている、芸人「土佐兄弟」卓也さんの娘さんのお名前です。

オフショット

このページのトップへ