DigiCon6 ASIA

DigiCon6 ASIA

Information

DigiCon6 JAPAN 「TBSアニメーションズ賞」を新設

2022.03.25

優れたコンテンツクリエイターを発掘、支援し、相互理解を促すことを目的に2000年よりTBSが主催している短編映像コンテスト「DigiCon6 ASIA」。今年もアジア各地域でRegional Awards(地域大会)が行われるが、このたび、日本で開催されるJAPAN Awardsに「TBSアニメーションズ賞」が新設されることが発表。日本のアニメーション界の未来を担う、新たな才能を見出すことが主な目的となっている。

ジブリ作品をはじめとした日本発のアニメーション作品は、世紀をまたいで世界中で愛され親しまれる、日本人の誇りとも言える存在。近年でも、2020年に公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は、全世界で5億ドルを超える年間興行収入を記録。また公開中の『劇場版 呪術廻戦0』も国内興行収入が100億円を突破し、大きな話題となっている。

そうした中、日本アニメーションのさらなる国際的価値向上のために、多くの観客の心をつかむエンターテインメント作品を生み出すことができる、新たな才能の発掘が急務となっており、TBSはアニメ制作スタジオ「セブン・アークス」に25億円の増資を決定するなど、日本が世界に誇れるアニメーション作品の開発に向けた施策を今後も予定。今回のDigicon6 JAPAN Awardsにおける「TBSアニメーションズ賞」創設もそのプロジェクトの中核として位置付けられている。

「TBSアニメーションズ賞」の特徴は、「エンターテインメント性」。作品応募は従来の方法と同様だが、既存の賞との明確な違いは選考対象を「2Dあるいはセルルックの3DCGアニメーション」に限定し「ストーリー展開」を重視するという点。この賞の審査員には商業アニメの第一線で活躍するクリエイターの起用を予定しているという。受賞作品は内容に応じてTBSアニメ枠での地上波放送や配信も検討しており、才能豊かなクリエイターの登場に大きな期待を寄せている。


■「TBSアニメーションズ賞」の選考対象
(1) 15分以内の短編アニメーション
(2) 個人もしくはグループによって制作されたオリジナル作品
(3) 2D制作、もしくは3D制作の場合はセルルックによる作品
(4) エンターテインメント性が高く、ストーリー展開に意外性と納得感を兼ね備えた作品


[募集期間]は4月1日(金)から7月31日(日)まで

一覧に戻る

お問い合わせ

DigiCon6 ASIA 事務局 〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6
電話: 03-3505-0661 / FAX: 03-3588-6378 受付時間: 10:00〜18:00(土・日・祝祭日を除く) e-mail: info2022@digicon6.com

1995-2022, Tokyo Broadcasting System Holdings, INC. All Rights Reserved.

Back to PageTop