DigiCon6 ASIA

DigiCon6 ASIA

Information

22nd DigiCon6 ASIAへようこそ

2020.03.16

アジアが、世界が、新型コロナウィルスで揺れている。世の中が不安の渦中にある。
先の見えない恐怖、どこか非現実的、これまで体験したことのない非日常のなかで、この文章を書いている。
いや、これまで体験したことがないというのは間違いで、厄災は太古の時代から人類を悩ませてきたはずである。
千年前の人たちも、今の私たちと同じように自然の脅威に、伝染病の恐怖に、戸惑い苦しみ憤ってきたのだと思うと、
少し希望を持てる。そうやって世界は続いていくということだから。

Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.
Martin Luther

たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。マルティン・ルター


16世紀、いまから500年以上前のドイツの神学者の言葉である。その当時ヨーロッパではペストが猛威を振るっていたという。ネット社会の現代、感染拡大の恐怖は世界を多様性と反対の方向性に閉ざしていく。ウィルスより危険なのは、無知から生まれる差別や偏見である。社会の危機と個人の弱さ、それは今も昔も変わらない。見えない先の不安に耐えながら未来を信じて世界を構築する、それが創造という作業、リンゴの木を植える、ということなのかもしれない。

2020年、22nd DigiCon6 ASIA を開催することを、宣言します。

私たちはあなたの才能を必要としています。どんなあなたであれ、ありのままのあなたを表現してください。
あなたの作品は世界を理解する手段です。映像に息づく異国の人々の風習や文化、他者を知ることができるのです。
あなたが命を吹き込み、精魂注いて育てた作品は、観た人のなかで新しく生まれ、いつまでも生き続けるのです。
皆さんの作品、皆さんひとりひとりと逢えるのを楽しみにしています。

DigiCon6 ASIA フェスティバルディレクター
山田亜樹

一覧に戻る

お問い合わせ

DigiCon6 ASIA 事務局 〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6
電話: 03-3505-0661 / FAX: 03-3588-6378 受付時間: 10:00〜18:00(土・日・祝祭日を除く) e-mail: info2020@digicon6.com

1995-2020, Tokyo Broadcasting System Holdings, INC. All Rights Reserved.

Back to PageTop