みどころ

LPGAツアー『大東建託・いい部屋ネットレディス』
今年で3度目の開催を迎える。


今年から世界基準の4日間競技へ変更され、賞金総額も1億2000万円(優勝賞金2160万)へ増額!
さらなるビックトーナメントとして生まれ変わった。

舞台は、山梨県・富士の麓にある美しく戦略性に富んだゴルフコース『鳴沢ゴルフ倶楽部』。
スタートの1番Par3(160y)はLPGAツアーでも珍しく、
昨年の大会では2日目に大江香織がホールインワンを達成するなど出だしから見どころ満載のホールだ。
さらに、景観の美しい富士を正面にTeeショットを放つ17番Par3や最終18番ホールは2オン可能なPar5で最後に逆転イーグルという最高のドラマが待ち受けているかもしれない。

第1回大会(2015年)は、「原江里菜」が7年ぶりにツアー2勝目を飾り初代女王に輝いた。
そして、昨年の第2回大会はプロ1年目20歳の「ささきしょうこ」と「岡山絵里」が初タイトルを狙い、
最終日最終ホールまで熾烈な優勝争いを展開。
最後は3打差をつけ「ささきしょうこ」が涙のツアー初優勝を飾った。

今年もLPGAツアーは日本勢・外国勢、群雄割拠の賞金女王争いが展開されている。
現在賞金ランクトップは今季ツアー3勝を果たしている絶好調のキムハヌル。
賞金ランク7位につける上田桃子は5月に3年ぶりとなる復活優勝を飾り好調をキープ。
今年勝てなければ引退も考えていた上田だが、今季はかつて賞金女王に輝いた頃の強い上田桃子がまた見られそうだ。
そして、賞金ランク8位は今季最終日最終組を3度経験しトップ10入り6回、今最も初優勝に近い存在の“ツアールーキー”川岸史果。
父・川岸良兼のDNAを受け継ぐ22歳は250ヤードを超える飛距離と正確無比なアイアンを武器に優勝争いに食い込むか。

大東建託所属プロの渡邉彩香は、優勝こそないものの単独2位が2度とあと一歩の状況が続いている。
昨季は優勝から遠ざかり今年にかける思いは誰よりも強い。
標高1105Mの高地で持ち前の飛距離を生かし優勝候補へ名乗りを上げるのか。
同じく大東建託所属プロの江澤亜弥も出場。
2013年にプロテスト合格。2015年大会では所属プロという重圧を感じながらも当時の自己最高位を更新(17位タイ)。
今年もその勝負強さで虎視眈々とプロ初優勝を狙っている。

さらに韓国出身の“セクシークイーン”ことアンシネも出場決定。
姉妹でツアー参戦する松森彩夏・杏佳、昨年の賞金ランク3位の笠りつ子、菊池絵理香、西山ゆかり、成田美々寿、比嘉真美子、青木瀬令奈、木戸愛などの実力者が控えている。

第3回『大東建託・いい部屋ネットレディス』
真夏の山梨を舞台に繰り広げられる女性たちの美しき戦い、果たして3代目女王に輝くのは?  

2017年7月3日現在、出場選手未定

このページのトップへ